紫外線の影響 日焼けの良い面と悪い面

スポンサーリンク
紫外線・日焼け

紫外線対策もほどほどに

近年では性別に関わらず、日焼けを好む人、好まない人に分かれているように感じます。

特に健康上の問題としては、過剰な日焼けが皮膚がんになる恐れがあるという情報もあり、日焼け止めは依然と比較すると売り上げをだいぶ伸ばして、夏のドラッグストアでは、かなりの売り場面積を占めるようになっています。

今回は日焼けの健康についての関連性について書いていきます。

過剰な日焼けで起こるリスク

・シミ

・角膜ダメージによる目の疾患

・皮膚がん

他にも様々な影響がありますが、環境庁などでも公表している内容を抜粋すると、上記のものがほとんどになります。

皮膚と目への紫外線ダメージの蓄積によって、様々な疾患が起こります。

目であれば角膜炎や白内障など

皮膚はシミや皮膚がんなど

あまりにも長時間強い紫外線を浴び続けることは体にとって負担が大きすぎる、ということが分かります。

紫外線は人間のDNAにダメージを与えます。

このDNAへのダメージの影響が皮膚がんの影響ではないかと考えられています。

日焼けは体の防御反応

上記のような目や皮膚の疾患リスクは白人が最も多く対象となります。

日本人のような有色人種は、比較的紫外線に強い人種となっています。

彼らは髪の毛の色も薄め、目も黒目でないことが多く、皮膚も白いため、紫外線から体を守る能力が低くなります。

日本人は黒髪に黒い目、皮膚は個人差が大きいものの、比較的紫外線に強い色をしています。

ここからも分かる通り、日焼けによって肌が黒くなるという現象は体を守るためのものです。

そうはいってもダメージは蓄積されていくので、直射日光の浴び過ぎについては熱中症予防も併せて、避ける必要があります。

日焼けと皮膚がんの話題が増えたわけ

以前、日焼けは健康的な証のように扱われていました。

最近は日焼けを避ける人の方が多くなっています。

この違いは時代の変化というよりは、オゾン層の破壊によって、紫外線のダメージが増大したこと影響、それによる皮膚がんリスクも増大したことが背景にあります。

日焼け予防の切り札として、そろそろ男性用日傘の流れが来ると個人的には考えているのですが・・・

正直、猛暑日には日傘に入っているだけでも体感温度が変わります。

そうなると体力の消耗も抑えられるので、もう少し流行る要素は揃っていると思います。

日焼け止めの塗りすぎもNG

最近は日焼け止めを塗る人が増えています。

ただ、紫外線に当たることで、体内ではビタミンDが作られます。

日焼けを避けすぎることでビタミンDが不足するケースも一部ではありますが出てきています。

なにごとも適度が推奨されるという見本のようなケースですね。

日焼け防止のワンポイント

実は、日焼けの防止にはサングラスが必須です。

目から入る紫外線情報も脳で認識しているので、いくら日焼け止めを塗っても、サングラスをしていないというだけで、少しは日焼けをします。

どうしても日に焼けたくないという方は完全防備でのお出かけを準備する必要があります。

僕も最近、視力低下が激しくて眼鏡を買いましたが、紫外線カットの物にしました。

結構ベーシックな装備となっているようなので、眼鏡をかけている人は知らないうちに防御できているかもしれません。

紫外線と日焼けの影響 まとめ

日光に当たること、日焼けをすること自体が悪いのではなくて、過剰に紫外線に当たる行為が体への悪影響を招きます。

熱中症予防も考えて、日陰を活用するなど、直射日光に当たりすぎないように気をつけましょう。