【超回復と筋肉】毎日筋トレすると筋肉が縮むというのは嘘か本当か

スポンサーリンク

毎日筋トレすると筋肉が縮む??

超回復という言葉があります。

筋トレをすると次のような反応が体の中で起こります。

①一度筋繊維が破壊されて、筋力が低下する

②筋繊維が回復してきて、元の水準に戻る

③体の適応力で、次に同じ刺激が加わった時に耐えられるよう筋肉を増やす

この③の状態を超回復と言います。

およそ筋トレ後48時間から72時間かけて超回復が起こると言われています。

この超回復をして、以前よりも筋肉(筋力)が増えている間に、再度筋トレを行うことで、少しずつ超回復を繰り返して筋肉を増やすことが、現在最も効率的に筋肉を増やす方法と言われています。

このため、同じ部位の筋トレは2日から3日の間隔をあけて行うことが一般的です。

そして、怠けると

④増えた筋肉を使わないでいると元に戻る

となります。

これは筋肉の維持は非常にエネルギーを使用するため、燃費が悪く、使用しないなら小さい方が生存確率を上げるのに適しているからです。

この超回復で個人的に疑問というか、かなり疑わしく思っている定説がありまして。

それは

「超回復が起こるまでは筋肉線維が破壊されて筋力が低下しているので、この間に再び強い強度の負荷をかけると筋肉は縮んで小さくなってしまう」

というものです。

結構あちこちで言われているのですが。

これって経験上、信じられないんですよね・・・

理屈としては、筋肉にウエイトトレーニングでダメージを与えた後は、筋力が低下します。

その筋力が低下している間に再度トレーニングを重ねてしまうと、更に筋力が低下する工程を経るので・・・

と、なんとなく分かるのですが。

例えば、ラグビー部が毎日スクラムの練習をしています。

お互いが全力でぶつかりあってボールを良い位置に置こうとしますが、

この運動は相手も全力でぶつかってくるので、ほぼアイソメトリックトレーニングと言って過言ではない高強度のトレーニングです。

アイソメトリックトレーニングは、一般的には動かない壁などを押す、筋肉の伸び縮みを伴わない運動です。

このスクラムを組むという動きの場合は、筋肉の伸び縮みは少なく、壁どころか相手も押してくるという負荷の大きさになります。

そのため、まず間違いなく筋繊維は破壊されていると思います。

そして、スクラムのトレーニングはほぼ毎日の間隔で行っている所が多いでしょう。

ではラガーマンはヒョロヒョロでしょうか?

ポジションにもよりますが、スクラムに関わるプレーヤーは筋肉質な体になっていると思います。

これでは超回復の理論がそのまま鵜呑みにできないように感じます。

もう少し分かりやすい例として

筋肉をつけたい青年が初めは何の知識も持たないので、超回復やら分割トレーニングやらは知らずに、ひたすら毎日ウエイトトレーニングをしたら、更にガリガリになるのかと言うと、効率は良くないのかもしれませんが、しっかり筋肉は増えます。

これはインターネットが普及していない僕ら世代の通った道ですが、そのせいでやせ細った人というのは会ったことがありません。

そもそも、人間は生きるために環境に適応する能力を持っている筈です。

重い物を持たなければいけない生活であればそれに適応するし、それを数日持たなければいけない状況になれば、適応するはずです。

人間が重い物を2日以上続けて持ってはいけないなどと聞いたこともないでしょう。

筋肉はいまだに科学的に分かっていない未知の部分が多くあります。

超回復の部分も含めて、まだ理論として確立している訳では無いのかもしれません。

筋トレは現在様々な方法論が溢れていますが、どれかを信じて突き進むのもひとつの方法ではあるけれども、まだ、これが正解と言うものは無いし、反対にこれは絶対にダメ!というものも、案外まだないのかもしれません。

その例えとして超回復の話が分かりやすいので出してみました。

毎日同じ筋肉を酷使していることで、「筋肉萎んでしまう・・・」と悩んでいる方には、そんなに気にしなくて(多分)大丈夫と伝えてあげて下さい。

20年前のボディビルダーは狂ったように毎日とんでもない重さのバーベルを持ち上げて、あの体を作れていたわけですし(笑)

効率については不明な点を残しますが、毎日のトレーニングによって筋肉が縮んでヒョロヒョロになってしまうということはほぼありません。