夏場に冷たい物を食べすぎることのデメリット 体温調整で健康を保つ 

スポンサーリンク

夏も冷たい物ばかり食べると体調を崩す

気温の高い夏は食欲もいまひとつで

ついつい冷たくて食べやすい物を

口にしたくなります。

体を冷やすデメリットは?

やはり体や胃腸を

冷やしすぎると、

良くない影響があったりもします。

どのような影響があるでしょうか?

胃腸が冷えることで、内臓の機能が低下

お腹の弱い人であれば

冷たい物の食べ過ぎ飲みすぎで

下痢をしてしまうのは良くある話です。

それとは反対に、内臓の冷やしすぎによって

胃腸の働きが弱くなっているので、

便秘になる人もいます。

腸内のバランスが崩れるので、

(腸内フローラと言いうヤツですね)

免疫機能の低下も見られます。

血液の循環が悪くなります。

血液の循環が悪くなると

疲労物質や老廃物の排出がうまく行われなくなります。

単純な疲労だけでなく、肩こり、片頭痛などの原因になりえます。

血液は酸素も運んでいます。

全身に行き渡る酸素の量が減ることで

肌など美容上のトラブルにもつながります。

体重への影響は人と状況によって

体温が下がることで体重が落ちるか増えるかは

どちらの例もあるようです。

体重が増えるケースは

体温が下がることで、体が体温維持の手段として

体脂肪を蓄えようとする働きが強くなることが影響しています。

体重が減少するケースは

下がった体温を上げようと代謝を上げて

体温を高くするので、痩せてしまいます。

その時の体調や

体温低下の原因が気候によるものか、

冷たい食品を食べすぎたなどの

外部的な影響からかなど

色々な因子が関わっているようです。

体温を維持する理由

基本的に日本人は体温を37℃(ちょっと下回る)付近で維持しようとします。

これは体内の酵素が一番働きやすい温度であることなど

体が活動しやすい温度となります。

その他に体温調整を難しくするもの

夏場の

冷房にあたりすぎる

冷たいものを摂取しすぎる

などはもちろん体温を下げますが。

その他には季節を問わずに

ダイエットによるものなどがあります。

ダイエット時には野菜は低カロリーだし、

ビタミンも摂取できるので多く摂取する一方、

炭水化物やたんぱく質、脂質といエネルギー源は

摂取を控えてしまいがちです。

そうなると

野菜から水分を多量に摂取する一方で、

エネルギー源は余り摂取しないので、

体は省エネモードに・・

そうなると、あまり体温を上げてしまうと

代謝でエネルギーをたくさん使用してしまうので

あまり体温上げたくない反面、水分によって

熱量は奪われていきます。

こうしたちょっとした悪循環が生まれるわけです。

個人的にはこのダイエット的な食習慣が、

冷え性の女性が多い理由ではないかと考えてもいます。

男性はここまでやる人少ないですが。

女性は肥満でない人までもが、体重を気にしすぎて

こういった食習慣を持っていたりします。

僕は男性目線なので分からないのですが、

女性社会の「付き合い」として

みんなある程度やらないといけないとかあるのかもしれないですね。

それはともかく、健康のために行うはずのダイエットが

健康を損なう元凶になることもあるということを

頭の片隅にでもおいておいてもらえればと思います。

体温を維持するために

体温維持のもっとも簡単なことは

入浴の習慣です。

シャワーだと体の芯までは温まらないので、

本人は体が温かいという感覚を持っていても

血流を良くするなどの効果を得らえていないことがあります。

体温を上げる食品を利用する

とうがらし、生姜などの体温めてくれる食品を

調味料替わりに利用することで代謝が上がって、

体温維持しやすくなります。

飲み物はコーヒーは体を冷やすので

体を温める紅茶をに切り替える。

(発酵した茶色の葉っぱのお茶は基本的に体を温めます)

あとはアルコールは体を温めそうな気がしますが、

原料などによって異なるので、どうしても飲みたい場合は

自分の好きなお酒が体を温めるか調べてから。

このくらい覚えておいてもらえればというところでしょうか。

最近はこういった現象を踏まえて、コンビニで冷やしていない

飲料の販売も行われています。

体温を下げたくない場合であれば、利用してみるのはいかがでしょうか?

※熱中症予防など、体温を下げたいという場合もあります、

体温は上げれば良いというわけでもないのでご注意ください。