家庭や外食での食品衛生、食中毒防止のための基本

スポンサーリンク
食中毒

食中毒は意外と身近なもの

食中毒のニュースを見ると

大体主語としては、どこそこの飲食店・旅館・病院・施設で

その後に食中毒の出た人数が何十人、あるいは百人以上、という大きな数字で

冬場であればノロウイルスなど、流行のものだったら付け加えられて報道されます。

これだと確かに、他人事です。

でも、飲食店で、そのテーブルに出された食材だけ(品質や保存方法)が悪かった場合には起こる食中毒や、家庭で起こる食中毒では、2~4人程度の腹痛や嘔吐だと、病院に行かずに様子を見ることもあるし、病院にかかっても食中毒という前提で診断されなかったりするので、食中毒である認識すらされないことがあります。

実は見逃されている食中毒

そんな僕も今まで飲食店で2回ほど

「これは食中毒だ」と実感できることがありました。

両方飲み屋さんです・・・

こう考えると、実は食中毒は大きな飲食店や施設などでなくても十分に起こっていることが分かります。

多くの食事数を提供しているところだと、同時に多くの人が症状を表出するので、明らかになりやすく、患者数も多くなることからインパクトもあり、話題性があるので、こういったところで起こりうるものという認識が強くなってしまいます。

ただ、実は家庭や小さな飲食店でも注意が必要です。

食中毒に特に注意する場面

家庭や外食で最も気をつけたい部分として

自分で焼いて食べる系の食事があります。

十分な加熱がされる前提の食材も意外とあります。

そのため、鮮度的にも十分でなかったり・・

高級店であればそういった心配もないのでしょうが、安めのお店だと衛生管理の部分でも徹底されていないところもチラホラあるので、注意が必要です。

家庭での食中毒防止

家庭での食中毒で多くみられるのは、加熱が不十分であったケースと、調理後長時間置いてから食事を食べたケースです。

加熱が不十分である場合はイメージしやすいと思いますが、調理後長時間置いたことによる食中毒は少し分かりにくいかもしれません。

加熱を十分にすることで、食品中の食中毒細菌などは死滅します。

ですが、その後長時間室温などで保存することで、料理の温度が下がり、再び食中毒細菌など、食中毒の原因となる物が付着、増殖する環境が整うことで、食中毒を発症してしまうことがあります。

料理後の保存環境も非常に重要という事です。

冷蔵庫に入れられない、温かい状態で食べる料理については再加熱を行う事が望ましいです。

食中毒予防の基本は手洗い

ちなみに大規模に広がる食中毒の原因としては、今回の内容の他に、二次感染があります。

これは調理を行う人の手などを媒介して食中毒の原因が広がることで、食べた人広範囲に食中毒が広がってしまいます。

手洗いは基本と言えます。

家庭や外食での食品衛生まとめ

基本的にきちんと加熱され、その後も温度管理されていれば食中毒はそこまで起こる物ではありません。

でも、その「起らないことが当たり前で、衛生に無頓着になってしまうと、いつか起こる可能性がある」ということを頭に置くことは大切だと思います。