夏の健康維持 【夏の代謝は高く無い】【夏バテの基礎知識】【熱中症】

スポンサーリンク

夏の注意事項

夏は汗をかくので基礎代謝が高くなって

痩せるチャンス!

あるいは少し食べ過ぎても大丈夫!

と思っていませんか?

夏の基礎代謝は高くない!?

実は基礎代謝にも色々とあって、

体温調整もその基礎代謝の中の一つなのですが、

夏は体温を上げる必要がないので、

この部分の代謝については、冬に体温を上げる時ほど

エネルギーを使用しません・・・

更に、寒いと運動した際に体温が上がることが心地良いですが

夏は運動すると暑いうえに汗でベトベトになることから、

動きたくない=運動不足になりがちです。

代謝の低下は夏風邪の元凶

実は

夏は暑いので、体温を上げる必要がない

からの

体温を上げる分のエネルギーが必要ないので、

さりげなく食欲が落ちている。

という構図があります。

食べられないから体力がなくなる

ついつい喉越しが良い物や冷たいものにばかり

頼りたくなります。

でも、

喉越しが良い物は麺類など炭水化物が多く、

肉や油などはあっさりしていないことから

受け付けず、

更に体力が足りなくなってきます。

冷たい物は

胃腸を冷やしてしまい、消化吸収の能力が

落ちてしまいます。

お腹痛くなったりもするので、摂りすぎ注意です。

しかも冷たすぎる水分は吸収スピードが速くありません。

そのため、最近はコンビニなどで

冷蔵庫で冷やしていない商品を販売していたりします。

朝の目覚めの一杯は冷たくて良いと思いますが。

夏にはクーラーの当たりすぎなどの

体を冷やしすぎることでの悪影響もあります。

外は暑いのに室内は寒い

自律神経のバランスを崩すことでの体調不良を招きます。

症状は多岐に渡りますが、

疲れが抜けない、だるいという辺りが

一般的な症状です。

まさに夏バテといった感じの症状。

その他にも体を冷やすことで

夏風邪などの恐れもあります。

夏だからと油断せずに体の冷やしすぎにも

注意が必要です。

職場などのクーラー対策をしても

良いと思います。

うちの娘は小学校でちょうど

クーラーの風が当たる席らしく、

長袖を持参しています。

昔の僕なら喜んで半袖でクーラーに

当たっていたことでしょう(苦笑)

ミネラル不足に気をつけて

そして夏は汗をたくさんかくので、

ミネラルが足りなくなったりします。

目に見える汗は少なくても、

見えないサイズで汗は出ているので

見た目に惑わされないことも大切です。

そして、しっかり塩分をはじめとした

ミネラルを補給せずに

水分ばかりを摂取すると、

(それでも水分は1リットルくらい摂取したいところ)

体内のミネラルは薄まってしまうので、

熱中症をはじめとした体調不良の原因になります。

熱中症については、それだけでも長くなるので、別の機会にと思います。

このところは塩分を補給できる飲料や、

飴が増えてきているので、そういったものに頼っても良いと思います。

スポーツドリンクは塩分入っているものが多いので、

そちらでも大丈夫です。

熱中症の疑いがある時などは経口補水液も

オーエスワンなど販売されているものを使用するのが安全です。

ただ、オーエスワンは正直僕の口には合わないので、

できればお世話になりたくないですが・・・

夏バテにおすすめの食材

ズバリ1個に絞って紹介しますが

卵です!

上にも書きましたが、

喉越しの良いものを求めてたんぱく質などが不足することが、

夏バテの大きな原因の一つです。

そこで、卵なら

たんぱく源になる上、他の栄養価も軒並み高い上に

食べ方の融通も利きます。

・たまごかけごはんでスルスルと

・半熟に茹でて、丸かじり

・スープなどに溶き卵として入れてサラサラと

食欲がイマイチという時でも食べられそうなイメージが

湧いてきたでしょうか(笑)

卵は夏バテにかかわらず体調不良時は

強い味方になりますので、

できれば冷蔵庫に常備しておきたい食材です。