災害時の食事について 非常食備蓄の必要性

スポンサーリンク
防災備蓄

災害時に非常食が必要な理由

このところ日本では数年おきに各地で地震や水害の被害があり、それらの天災に備える必要性が高まっています。

 

僕は防災備蓄について、実のところ「いざとなったら各地から食糧が送られてくるから大丈夫なのではないか」と浅はかな考えを持っていました。

 

ただ、この考えは実際に行政の方も交えた地域の防災会議などで、凄く甘いものであったことを痛感させられました。

 

今回はどうしてこういった食糧の備蓄などが必要なのかについて書いていきます。

 

災害時に食糧は(基本的に)配られないと考えて準備を行う

災害時には自衛隊が物資を運んできてくれて、備蓄の食糧がなくても大丈夫なのではないか、来てくれるまでの3日くらいを凌げば良いのではないか、と考える方も少なくないと思います。

 

僕もそうでした。

 

でも、実際のところ自衛隊が出てくるレベルとなると、完全に交通はマヒして道路は分断され、輸送などがストップした状態になります。

 

このレベルでないと物資の支援もありません。

 

こうなると家屋の多くが半壊、また全壊していて、個人レベルでは食べ物などを用意していたとしても持ってくることができないなど、否応なしに支援に頼らざるを得ないというレベルになっています。

 

これを逆にいうと、建物の多くが無事である場合などは停電であろうが水が出なかろうが、簡単に何かが支給さないケースが多いということです。

 

災害時、食べ物は意外と手に入らない

ライフラインに影響があったとしても簡単に食べ物の支給などは無いという点について上記で書いてきました。

 

道路が無事であれば、通常の輸送が行われるため、スーパーなどにも納品がされます。

そこで普通に購入して手に入れることになります。

 

ですが、こういった場合には、購入希望者が殺到してあっという間に商品棚が空っぽになってしまうものです・・・

こういった小さなパニックに巻き込まれず、日常に近い生活を送るためにも、備蓄をしておく必要になります。

 

ちなみに避難所に行けば何でも手に入るかというとそれも誤解になります。

 

毛布などはある程度準備しているものをくれますが、食糧は避難所でも限りあるものなので、できれば家庭から持って来てもらいたいとしていますし、避難生活の長期化も考慮しなければいけないので、いたせりつくせりというわけには行きません。

 

ここを誤解して、避難所で駄々をこねる大人が悩みの種だという話もありました。

家が無事なら避難しないという選択も

地震であれば余震などが落ち着く、水害であれば、これ以上の被害拡大がないとなれば、できるだけ避難所よりも家庭で生活できるようにしたいところです。

 

このためにも家に備蓄をしておくことは重要です。

 

避難所は集団生活であり、プライバシーなどについて守られているとはお世辞にも言えない状況です。

 

このため、避難所に入らず、外の駐車場で車上生活を選ぶ人もいます。

 

やはり日常に少しでも近づけるということがストレスを溜めないために重要です。

 

備蓄の食糧も日常的なもので一息

お菓子には賞味期限が長いものもたくさんあります。

 

こういった普段から口にするものを備蓄とは言わないまでもストックしておくことで、ストレス軽減にもなりますし、子どもからすれば慣れ親しんだものなので安心感もあります。

 

非日常的な状態においてこそ、日常の要素をどれだけ残すことができるのかは大切であることを痛感させられます。

 

備蓄食糧について まとめ

ここに書いた内容として

・ちょっとの災害では食糧は配給されない(水も)

・避難所に行けば何とでもなるというわけではない

・スーパーなどはすぐに売り切れになる

これらの理由によって備蓄食糧が重要ですよ、という内容を書いていきました。

 

本当はもっと細かい理由もたくさんあるのですが、大きなところだけでも重要性は伝わるかと思います。

 

おまけですが、ランタンや懐中電灯も非常に重要です。

 

停電時には、街灯もつかないですし、マンションでは共用部の電気が付かないので階段や廊下は日中でも暗くなっています。

不要なケガなどを防止する意味でもこういった明かりの用意も必要です。

 

非常時に準備すべきと言われているものにはそれなりの理由があるんだな、と再認識できると思います。