自然食品が体に良いというのは概ね嘘

スポンサーリンク
油

自然食品は体に良いというわけではない

自然食品ということを売りにして販売されている食品は多くあります。

これらの特徴は

高品質

農薬などの不使用など安全面

この辺りに集約されます。

 

個人的には品質と言っても、何に価値を見出すかは個人で異なるものだと思っています。

 

一般的に販売されているものと比較して

美味しい

栄養価が高い

安心(安全とは必ずしも一致しない)

これらの要因について各自がどれに価値を見出してその商品を選択するのかがはっきりしているのであれば、自然食品を購入する価値はあるでしょう。(一部例外については下記参照)

 

最近では化学調味料不使用であることに価値を見出してこういったお店で買い物をする方が他の理由よりも多いかな、と思っています。

 

特に出汁などでは、自然な食品だけで取ったものと、化学調味料を使用したものだと、味そのものも異なるので、栄養云々を気にしなくても選択の余地はあると思います。

 

自然食品=健康ではない

ここまでは健康食品を購入すること自体は多いに有りだという話を書いてきました。

 

その反面、個人的には「安全である」「健康になれる」という目的での購入については、余り賛同できないと感じています。

 

例えば、農薬にしても人体に影響のない量での使用が前提になっています。

 

添加物なども同様で、後々体に悪影響があると分かったものは使用できないようになっています。

 

つまりは、私達が現在口にしているものはそもそも安全である確率が高い。

そして自然に育っているものはそれよりも絶対に安全であるという確証もない。

 

こういった前提があるにも関わらず、人間は自然という響きに弱く、また魅力的に感じる感覚を持っているようです。

 

農家は自分家用の野菜を別に育てる

僕の知り合いに実家が農家で、出荷用の野菜と自分の家で食べる用の野菜は別に育てています。

 

使用する農薬の量が違うあるいは家用は農薬を使用しないという事です。

この話を聞くと、やっぱり自然な方が良いじゃないか!

と思われるのではないでしょうか?

 

でも、実際に農家の方々が科学的に農薬の使用と不使用と比較して安全性の面で高のような対応をしているわけではありません。

 

恐らく経験上、有機野菜の方が美味しい、香りが良いという部分と、出荷用は形など規格を揃える必要があるが、家で食べる分は不格好でも構わないという商売上の理由に基づく理由や経験から、こういった分け方がされています。

 

そうじゃないと農家の方々が農薬を使用した野菜は体に悪いけど、よその人が食べるから気にしないとい考え方をしているという事になってしまいます。

 

僕の知っている農家の方は、出荷する野菜も丹精込めて育てています。

 

そういう点で、食べる人のことを考えていないなんてことは無いと断言しておきます。

  

栄養価はそこまで気にする必要はない

では、売り文句に使われがちな栄養が豊富で体に良いという表現

 

これに関しては、個人的に全く気にするようなことではないと思っています。

 

サプリメントの注意書きなどに

たくさん摂れば健康になれる、病気が治るというものではないという旨が記載されています。

 

これは全くの事実で、栄養をきちんと摂取する目的は健康を維持する、病気にならないように免疫機能を保つというものです。

こういった面で栄養の摂取は重要ですが、基本的に栄養の摂取でできることは状態の維持や本来の状態にまで持っていくという点であり、栄養をたくさん摂ったからすこぶる元気になるという類のものではありません。

 

では、どうして○○を食べて元気になったという話が後を絶たないのかというと、足りていない部分が補われた為だろうと推測することができます。

 

サプリメントも同様ですが不足分を補うくらいが期待する効果として良いところです。

 

万人に効果のあるものは薬であり食品扱いされません。

 

健康食品に頼る程日本の食材たちは栄養が少ないわけではありません。

 

バランスの良い食事さえしていれば、健康面を期待してこういった自然食品を利用する必要はないと言えます。

 

自然食品を食べているから大丈夫というプラセボ効果を期待しているのなら止めませんが。

 

まとめ

個人的には自然食品の栄養面以外に価値を見出して購入する分には全く問題ないと考えています。(怪しいお店には気を付けてください)

 

ただし、栄養や健康目的だとすると、目的達成のために選ぶものは自然食品ではないかな、と思っています。

 

自分が何を求めているのかを知ることは案外大切です。