リバウンドの基礎知識 起こる理由とメカニズム

スポンサーリンク
ダイエット後のリバウンド

リバウンドの基礎知識

ダイエットでよくよく話題になるリバウンド

基本的にはダイエット前と後で大きく食事習慣を変えてしまう事で起こります。

健康上良くないリバウンド例

リバウンドがどうして健康上良くないと言われるのか、下記に一例を書いてみます。

減量中はカロリーを大きく控える

これによって体は脂肪をエネルギー源として使用しますが、脂肪は緊急時のエネルギー源としての貯金なので、本当はなるべく使いたくないことから、基礎代謝を下げる等の省エネも始めます。

そして脂肪だけを使うなんて便利なことはできないので、筋肉も分解してエネルギーを作ります。

ここから、食事を元に戻すと・・・

使用してしまった大事な貯金(脂肪)を再び緊急時が来ても良いように蓄えるため、積極的に脂肪を合成しようとします。

ダイエット後というのはこういった面からも、以前よりも脂肪が付きやすい状態になっていることが分かります。

つまり、ダイエット前よりも筋肉は落ちて、脂肪は付きやすい状態になっています。

これで体重が元に戻った場合には、以前よりも脂肪の割合の多い体になってしまいます。

筋肉は筋肉をしっかりと使うこと、たんぱく質を摂取する事をしないと、増えずに減ったままになります。

減量後、リバウンド防止のポイント

減量後の食事と運動をどうするのかという部分はリバウンドを防ぐために非常に大切になります。

そのために気を付けておくポイントとしては

①ダイエット前の食事に戻してしまうと、前よりも脂肪が付きやすくなっている。

②減った分の筋肉を戻すためには運動も行う必要がある。

この2点を理解する必要があります。

良くあるリバウンド例

友人の結婚式までに、など期間限定で痩せる

目標が特になくて途中でとん挫する

こういうケースが僕の回りではリバウンドの多い傾向になります。

期間限定で痩せると、その後のことはもう深く考える必要がないので、戻ってしまう。

一方で明確な目標がなく、「痩せなきゃ」という想いだけで始めても、長続きしないという部分があります。

リバウンドしないためには

正しく痩せた状態を維持するには

ダイエットのための正しい知識が必要になります。

その知識を身に付けるにいたるまで努力が継続できるかというと難しいです。

ここにある落とし穴として、

ダイエットをする人の希望が

「健康的に痩せたい」

「痩せた状態を維持したい」

である場合というのは案外稀だという点です。

こちらがそれを提示したとしても、本人が決めてない以上は、何となく押し付けられていると感じる部分はあるもので、抵抗があったりして。

結局は本人の意思をどう持って行くかの問題が一番大きかったりします。

つまりは、リバウンドはしてしまうけれど、できればしたくないけれど

どうしてもリバウンドしたくない!

という程、リバウンドしたくないわけでもないという部分が大きいと思います。

だから、ダイエット(減量)には力を入れられるけれど、リバウンドしない事にはそこまで関心の無い人が多いのではないか、と感じています。

リバウンドしたくない人の人口を増やす取り組みも栄養士には必要かもしれませんね。