【日記】謙虚な宣伝のプロテインとサプリメントに遭遇 書くべきことはしっかりと!

スポンサーリンク

朝から健康診断に行ってきました。

がんばって早めに家を出たので、あまり待たずに終了しました。

今回は2週間前からきっちりと仕上げたので(笑)

きっと結果は良いと思います。

その後時間があったので、スポーツショップゼビオへ

特に買い物をしなくても見ているだけで楽しいんですよね。

プロテインメーカーのカタログを2社分もらって帰りました。

帰りの電車でプロテインメーカーのカタログを見ていてふと気が付いたのですが、

ウイダーのカタログにはそのプロテインに何が含まれているのか、栄養価はどんな感じかがきちんと書かれていて、見ていてフムフムとなっていたのですが、

もう一社の方は、新しいメーカーなのか、販売店が少ないのか初めて見ました。

「日本人のための」プロテインと謳っているのですが、どうにも見ていて納得がいかない・・・

どうしてだろうと考えてみたら、まったくプロテインやらの内容を書いていない!

プロテインとサプリメントのラインナップと価格は書いてあるけども。

あまりの商売っ気のなさにネットで調べてしまいました。

日本人のためのプロテイン『IZMO』(2020年にHP閉鎖したも模様)

一応HP貼りましたが見る必要はありません(笑)

商品を見てみると、たんぱく質の量はちょっと物足りないけれど、脂質はかなり絞り込んであるし、悪くない感じです。

しかしマルチビタミンを見てみると・・・

色々な栄養が付加されているのは、原材料を見れば分かるものの

大切な栄養価の方が

エネルギー 40.43kcal / たんぱく質 1.75g / 脂質 3.10g / 炭水化物 1.38g / 食塩相当量 0.006g / ビタミンB₆ 4.83mg / ビタミンE 73.96mg

これで記載されているものすべて

原材料にはビタミンAとかも書いてあったのに、どこへ行ってしまったのか??

全然マルチなビタミンじゃない。

これ本当はもっと入っていると思うんですよ。

誇大広告ならぬ誇小広告?

主張が苦手なのでしょうか、それは確かに日本人的かも。

他にもHMBでは、そのHMBがいくら摂取できるのか記載がどこにもなかったり、かなり前衛的なスタイルを感じさせる商品紹介でした。

正直最初はカタログはとっかかり程度に考えていて、詳しくはwebで!

という感じだと思っていましたが

そんなことはなかった!!

面白いですね。

しかも最後まで日本人向けの理由は分からず

なんとなく乳酸菌とポリフェノールが日本人に良いんだよ

と、言いたいのだろうかとは感じられますが

でもそれ日本人以外でも普通に同じ効果得られるんじゃ?

という部分もあります。

日本人への有効性を伝えるデータも特になさそうですし。

なんというか・・・

やはり売り文句だけを見て商品を選ぶことってすごく危険だな、ということを感じさせられました。

驚いたのは、プロテインカフェオレ味の味付けがインスタントコーヒー!

これも斬新に思いました。

他にもこういった味付けしているメーカーさんあるのでしょうか?

今度調べてみます。

>>>ちなみに僕がいつも使用しているマイプロテインはこちらの記事で