チョコレートの話

スポンサーリンク
チョコレート

チョコレートのついての雑学など

チョコレートについてちょっとした情報をまとめてお伝えします。

 

日本のチョコレートは独特?

日本のチョコレートは海外ではチョコレートに分類されないことがあります。

チョコなのにチョコじゃない
と書くと矛盾している気がしますが

これは分類による違いです。

 

日本のチョコレートの多くには植物性油脂が含まれています。

この植物性油脂を加えた商品をチョコレートと認めるかどうかという点が分かれ道となっていて

日本では植物性油脂が含まれていてもチョコレートと認めるのに対し、

海外の多くの国では植物性油脂を含むものはチョコレートとは言わず、準チョコレートのような表現などをされます。

 

実際にはカカオも植物なので、ここで言う植物性油脂とは「カカオ以外の植物性油脂」となり、カカオをどれだけ重要視しているかという点が海外と日本の差になっていると言えそうです。

国によってはカカオの成分以外の油脂が含まれるだけでチョコレートと呼ばれないなんて国もあり、明確な基準や規格の曖昧さがこういった分類の複雑さにつながっています。

 

チョコレートの健康効果

最近カカオ分の多いチョコレートの健康効果がかなり広まっています。

これはカカオの中のポリフェノールによるものです。

 

ポリフェノールには抗酸化作用があるので、様々な効果が期待されていますが。

ホワイトチョコレートにはポリフェノールが含まれていないので、健康効果を期待して食べるのであれば、きちんとカカオ分の多い商品を選択して購入する必要があります。

 

食べすぎには注意

日本で販売されている多くのチョコレートは砂糖が大量に含まれています。

その為、食べすぎれば肥満の原因にもなります。

 

一方で、カカオ分の多いチョコレートは砂糖などは一般的な商品より少なくなっていますが、その分カカオ由来の脂質が多くなっているので、カロリーは一般的なものと同じくらいかそれ以上に多くなっていて、健康の為にチョコレートを食べるという場合でも量には注意が必要になります。

 

チョコレートは体に悪い可能性も

2023年2月にアメリカ医学会から「チョコレートに重金属であるカドミウムや鉛などが多く含まれていて、体に有害な恐れがある」という内容の発表がありました。

 

ただ、これはすべてのチョコレートに言える事ではなく、メーカーや銘柄などで状況は異なっているという内容なので、気になる方はネットで「チョコレート 重金属」と入力して調べているのも良いと思います。

ただ、日本で大きく報道されていないように、日本のメーカーの商品はまだ調査されていない様子なので、新しい情報に目を光らせておくのが良さそうです。