睡眠の質改善の落とし穴

スポンサーリンク
Yakultを飲む女性

睡眠の質を上げること唯一のデメリット

僕は寝ても寝ても疲れが取れないので、睡眠の質を上げるというピルクルミラクルケアを3週間程度飲んでいます。

 

妹は定期購入すれば買えるようになったようでヤクルト1000を愛飲しています。

この間、この件について話をしたところ

2人で共通した悩みがあることが分かりました。

それは長時間の惰眠を貪る事ができないというものです。

 

疲れは取れる

ピルクルミラクルケアもヤクルト1000も疲れは取れる印象があります。

睡眠時間は今までと同じでも、次の日の疲労感などはかなり軽減されていることが感じられ、寝起きも良くなります。

さすがに飛び起きるくらいという若い頃のようにはならないものの

起きて少しすれば眠りたいという気持ちはほとんどでてきません。

 

一方で、朝早めに起きてしまった場合に

二度寝ができなくなりました。

 

さらに言うと

起きたけど布団が気持ち良いから疲れとか関係なく二度寝したい、なんてこともできなくなりました。

 

僕の妹も同様で、こちらは特に昔から休日は午後にならないと起きてこないタイプだったのに、最近は休みの日でも朝7時前に目が覚め、目がさえた状態なので、もう眠れないという状態になっているようです。

うつらうつらした状態を楽しむ事ができないので、半覚醒状態の気持ちよさはどこかに行ってしまいました。

それを求めるのは贅沢以外の何ものでもないんですけどね。

ダラダラするのって時間の無駄遣いであり、贅沢だったのかもな~なんて思うようになりました。

 

疲れ以外はそんなに変わらない

疲れは取れますから深い眠りについているのでしょうけど、夢だってしっかり見るし、眠りの深さについてはまったく自覚することはありません。

 

睡眠の状態について変化を嫌って飲んでいないという方については比較的おすすめできる商品となっています。

疲れの取れ方は人それぞれでしょうけど、昼食後の眠気についても、完全にではありませんが、以前よりは明らかに減っています。

会議中にあくびとか出なくなりましたし(マスクはこういう時に便利)

とはいっても、睡眠時間をたくさんとるという気分の面でのメリットは逃せないので、がんばって時間の確保は行っていこうと思っています。