アクアパッツァを作ってみた

スポンサーリンク
アクアパッツァ

今回はアクアパッツァを作りました。

前任の栄養士さんの計らいで、デザートは既製品のプリン、作業を調理に集中できるのはありがたい。

 

さて、施設給食ということでさわらの骨抜きを使用したのですが、これが今まで自分の使用していたメーカーのものとは違っていたもので、非常に魚の臭みの抜けないものでした・・

 

正直、この魚の臭さで料理の良さの半分近く持っていかれたという印象です。

今後の魚選びに大きな影響を与える一皿になったのは間違いないと言い切ってしまいましょう。

水で洗って、酒を振って、塩で焼く程度では無駄な足掻きでした・・・

 

さて、魚介スープの方は個人的に満足のデキ

魚さえ良ければ・・・・という悔しさはありますが、次からは心当たりのある質の良い切身を扱っているところにお願いするので、今は心を落ち着かせて良くできた点を挙げて自分の士気を上げておきたいと思います(笑)

 

味付けはオリーブオイル、塩、ニンニク

あとはあさりなどから出る出汁で十分なおいしさになります。

ついついコンソメなど入れたくなるのですが、そこはグッと抑えておきましょう。

水分を入れすぎてもせっかくの魚介の味が薄まるので、慎重に水分を足していくのがポイントです。

 

しかし、パンにアクアパッツァが並ぶと施設給食らしくないのが良いですね。

見た目のオシャレさは目先が変わるのでたまにこういったものを取り入れるのは今後も検討していきたいと思いますが、個人的に居酒屋メニューみたいなのが好きなので、実際にどうなるかは神のみぞ知るという感じです。