サプリメントを試す前に食事を見直す サプリメントのリスクなどの話

スポンサーリンク
サプリメント

サプリメントに頼らず、まずは食事を見直す姿勢を

サプリメントの普及に伴い、価格も安定してきたことからこういったものを使用する方が多くなっています。

 

健康志向の高まりというと聞こえは良いですが、まず栄養は食事から摂取するという姿勢を忘れずに、どうしても足りないと思われる点などをサプリメントで補うようにしたいところです。

 

サプリメントで栄養を摂取する際の注意点

サプリメントは効率的・手軽に栄養を摂取できるありがたいアイテムですが、一方でサプリメントの普及によって新たな問題も出てきています。

 

それは栄養素の過剰摂取です。

 

食事から栄養を摂取している場合、カロリーの過剰はありがちである反面、ビタミンやミネラルについては過剰摂取になりにくいものです。

 

一方手軽なサプリメントの中には1粒で必要な量のビタミン・ミネラルが含まれていたり。明らかに運動習慣のない人には過剰な容量となっているものも少なくありません。

 

この場合、サプリメントにプラスして食事から入ってくる栄養もあるので、過剰摂取になる可能性が高くなります。

 

そして、最も多いのが数種類のサプリメントを摂取している場合に。そのいくつかに同じビタミンなどが含まれていて、複合的に摂取した結果、とある栄養が突出的に摂取されてしまうというケースです。

 

Aという美容に効果のあるサプリメント、Bというある症状に効果を挙げるとするサプリメント、そしてCとしてマルチビタミンを摂取している場合に、AにもBにもCにも同じ成分が含まれていた場合、かなりの確率で過剰な摂取状況が生まれます。

 

人間の体は水溶性のビタミンなどはある程度過剰に摂取したとしても、過剰な分を排出するなどの仕組みも備えていますが、習慣的にこういった過剰摂取が継続すれば、いずれ体調不良は出てきます。

 

栄養士は相談・始動時に最近では栄養の不足よりも優先的に過剰摂取がないかを聞き取るようになってきてもいます。

 

健康を害するリスクとしては栄養不足同様のものとなっています。

これがサプリメントを摂取する際の課題となっています。

 

栄養も多ければ良いというわけでもない

栄養は多いに越したことがないと考えている方もいますが、実際には各栄養素に耐容上限量というものが定められており、その基準を超えて摂取することは健康面でのデメリットが確認されています。

 

栄養は不足時と過剰時で体に悪い影響が出るので、サプリメントのように尖った内容量のものは上手に使わないと過剰摂取の可能性が高まります。

 

不足な栄養素は自覚できない

サプリメントで過剰な栄養の摂取になる理由として

自分にどのビタミンが不足しているのかということが視えないという点にあります。

 

野菜が嫌いだから・・と言っても、他の食材からビタミンはある程度摂取できているので本当に不足しているかがそもそも不明です。

 

こういった面からも食事として複合的に様々な食材を摂取することの安全性が分かります。

 

アスリートはサプリメント摂取も視野に

高強度のトレーニングを行うアスリートにおいては、かなりの食事を摂取しても栄養が十分ではない、消費した分が大きすぎて足りないという状況になることもあります。

 

こういった明らかに食事ではカバーしきれない分がある場合には過剰摂取が起こりにくいことからサプリメントの有効性が一気に高まります。

 

特に成長期に部活動のように長時間に渡る運動を行う場合には、成長に必要な分と運動で消費する分を含めて呼応慮する必要があります。

 

基本的にはマルチビタミン・ミネラルだけでOK

特に激しい運動習慣がない場合にはマルチビタミンとミネラルが一本になったものだけ摂取していれば問題ありません。

 

しかも1日に必要な分の50%くらい満たしていれるサプリメントを摂取しておけば、あとは食事から摂取する栄養で充分になります。

 

美容成分や関節に良い成分を含むものは魅力的に思えますが、こういったものは流行があって、最終的には消費者庁や厚生労働省関連の機関などか「効果が無いことが実証された」と言われてしまうことがほとんどです。

 

科学的に不足時に健康上のデメリットが起こることが明らかな栄養についてのみ気をつけることで健康的な生活を送ることができます。

  

サプリメントにありがちな勘違い

すでに書きましたが、栄養は摂取量が多いほど健康になれるという思い込みがあります。

 

健康のために栄養は不可欠ですが、過剰に摂取することでより健康になるということはありません。

また、病気を治す効果は基本的にありません。

 

万人の病気に改善が見られる成分は医薬品となります。

 

このため、どんなに耳触りの良い宣伝をしていたとしても、それらのサプリメントで病気自体は治ることがありません。

こういった点を踏まえつつ、生活の中に上手くサプリメントを取り入れていただきたいと思います。