トレーニング前・直後に食事をするべき理由

スポンサーリンク
おにぎり

トレーニング前・直後の食事の重要性

最近は運動と食事の重要性が広く理解されるようになってきています。

その仕組み作りをしっかりと行っている部活動やクラブチームも増えてきています。

 

では、こういった食事がどうして重要だと言えるのでしょうか?

ざっくりと書いていきます。

 

運動前の食事の重要性

運動前の食事をする目的としては練習時のパフォーマンスを高めることにあります。

 

ガス欠の状態でトレーニングをしても、その練習の質は決して高いものにはなりません。

万全の状態で十分な負荷をかけることでトレーニングは十分な効果を得られるものになります。

 

また、空腹が過ぎると集中力も欠如することにもつながるので、練習の質だけでなく、ケガ防止という面でも重用になります。

 

運動前の食事の注意点

運動前3時間程度に済ませておく

あまり練習直前に食べると消化が間に合わないので、お腹に重さを感じながらトレーニングをすることになります。

 

また、食事の消化・吸収時には血液が消化器官に集中するため、運動に適さない状態となります。

逆算して、間食を設定するチームが増えてきています。

 

内容は糖質中心

練習前の食事としては糖質であるごはんや麺類はおすすめです。

糖質は消化吸収までの時間が短めで済むこと、エネルギー源となるので、運動時のガス欠を防止できることがメリットです。

 

脂質はエネルギー効率については高いものの、消化吸収にかなりの時間を要するので、食べるタイミングに注意しないと、練習時にお腹が気になるようになってしまいます。

ちなみに、麺類と言っても、パスタはオリーブオイルなど脂質が多めなので、九州は遅め、うどんやそばは早めになっているので、練習までの時間と相談しながらチョイスすると良いでしょう。

 

運動直後の食事の重要性

運動をしている時にはエネルギーを始めとして、様々な栄養が体に必要になり、消費されていきます。

運動後は様々な栄養について必要な状態となっていることから、栄養の吸収が高まっているタイミングになるので、体の回復や運動効果を最大限に得られる場面です。

 

運動直後の食事をしないデメリット

では、運動直後に食事できない場合にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

例えばボディビルダーの方々はトレーニング後30分をゴールデンタイムと呼んでプロテインなどを用いて効果的な栄養補給を行おうとします。

 

これは前記したように体の吸収力が高まっているタイミングであることに加えて、運動後は血液中のアミノ酸が不足した状態になっているということがあります。

 

これを放置しておくと、人間の体は一定に保つという仕組みがあることから、血液中のアミノ酸を補給するために筋肉を分解してしまうということが起こります。

 

せっかくトレーニングをしたのだからその効果は余すことなく身にしたい、そうなると運動後に食事をしないということはロスでしかないという具合になります。

どんなスポーツでも必要な動作を行うための筋肉はあるに越したことはありません。

 

運動直後のトレーニングを重視するチームは増えている

サッカーJリーグの下部組織と言われる学生年代のチームでも、練習直後に食事ができるようにクラブハウスで食事をできる設備を整えるチームが増えています。

 

他のスポーツでも同様で、しっかりとした食事までは難しくても、練習直後にプロテインやおにぎりを食べて、急いで家に帰って食事をするように保護者にお願いしているチームなども増えています。

 

日頃の練習の質が高まることで、能力が向上すれば、チームにとっても本人にとっても良い事なので取り入れない理由は特にありませんね。

 

練習前・直後の食事 最後に

今回は特に頻度が高いことから練習と書いていますが、これは試合でも同じことです。

 

試合でガス欠を起こさないための準備、練習よりも強度が高い試合を終えた後の食事はやはり重要になってきます。

 

食事は体を作り、そのスポーツのパフォーマンスを上げる、練習の一環です!

そこまで気を抜かずに行うことで上達していきましょう。