マイクロプラスティックによる海の汚染は食事に影響する

スポンサーリンク
海とペットボトル

マイクロプラスティックが海と食事に与える影響

マイクロプラスティックによる海洋汚染が問題になっています。

マイクロプラスティックはペットボトルやビニール袋を始めとして、生活の中に溢れています。

このプラスティックを含むゴミたちの多くは最終的に海にたどり着きます。

川から流れ着くものも以前は多くありましたが、現在の問題は外国からペットボトルなどを処分する為に輸入した国の中に違法に海に投棄しているところもあり、そちらの問題がクローズアップされてきています。

そもそもプラスティックゴミが海に増えると言うだけでも問題となります。

古くなった漁網は鳥を海に引きづり落とし、亀がビニール袋を飲み込んで窒息してしまうなんて話もニュースなどで耳にしたことがあるのではないでしょうか?

こういったプラスティックが海を漂ううちに細かく分解されていったものをマイクロプラスティックと言い、これが海の生物の体内に蓄積することも問題となっています。

 

プラスティックで生態系が崩れる

こういったプラスティックの影響で海の生き物が死んでしまうという件数が大きく増えています。

これらは通常の生態系のバランスを崩すことにもつながってきていています。

さらに浜に打ち上げられたイルカ等を調べたところ、すべての個体の体内からマイクロプラスティック片が発見されたという事件も最近報告されました。

 

マイクロプラスティックの食への影響

こうした魚介類の体内にマイクロプラスティックが蓄積していくことが、安全性の部分で危惧されています。

そもそもアメリカなどでは水銀の蓄積を気にして魚介類を避けたり、そこそこの量に抑える人がいます。

これに輪をかけて安全性に疑問の残るマイクロプラスティックを含んでいる魚介類を避ける傾向は強くなってきています。

実際にこういった魚などを食べた結果がどのようになるのかという安全性については知る方法がありません。

危険な可能性が高いので、人体実験など行うことはできません。

更に、マイクロプラスティックには残留性有機汚染物質が含まれていることも分かっています。

これらが人体に蓄積して良いことがあることはなく、増して悪い影響の出る可能性の方が高いと推測するのはそんなに不思議なことでありません。

魚介類を食べる回数や量が減ることで、他の物を食べる回数が増えるということも起こります。

こうなってくると食糧問題にも関わることになるので、世界全体で真剣に取り組まなければいけない内容になってきます。

 

マイクロプラスティックと食事の問題 まとめ

マイクロプラスティックは年々増加しています。

その影響は確実に表面化してきています。

リサイクルでも汚染物質は出るので、今後世界的な流れとしてはプラ素材自体を使用しない方向に変わっていくでしょう。

日本はこの部分については先進国の中で取り組みが遅れているので、個人個人でペットボトル飲料の利用を減らすなどの取り組みが必要になってきます。