魚や肉の焼け焦げは発がん性物質を含む

スポンサーリンク
魚の焼き焦げ

魚や肉の焼け焦げには発がん性物質が?

以前(数年単位で昔)、魚の焼け焦げには発がん性物質が含まれると放送されたことがあり、それ以降、焼き魚の焦げを取り除いてから食べる人も出ていました。

実際のところ焼け焦げに発がん性物質が含まれるのかというと
実はYESです。

ですが、この発がん性物質が原因でがんになるかと言うとNOというのが現在の所の見解となっています。

今回はこの内容について書いていきます。

肉や魚の焦げに発がん性物質

焦げというよりも、たんぱく質を過剰に加熱することで発がん性物質が発生します。
この発がん性物質はたんぱく質熱分解物(ヘテロサイクリックアミン)と言われるもので、いくつかの種類が見つかっています。(Glu-P-1など)

そのため、実は焦げそのものを避ける事にはあまり意味は無くて、強く加熱されたたんぱく質に含まれるというのが実際のところになります。

日本では魚から発見され、アメリカでは肉で発見されたという経緯があるのですが、この辺りはその国の食環境が絡んでいて様子が垣間見られて面白いと個人的に思います。

発がん性物質を食べてもがんにならない

では、このたんぱく質を強加熱して発生した発がん性物質を食べていてもがんにならないというのはどうしてでしょうか?

動物実験では、毎日どの程度の量を食べるとがんになるのかというテストが行われています。
およそ半数のマウスやラットががんになる数字を求めると(細かくかくと煩雑になるので省略)、ステーキを毎日10kg食べ続けるくらいの発がん性物質を食べなければがんにならないということが分かってます。

この数字に現実味がないことから、強加熱されたたんぱく質由来ではがんにならないと考えて差し支えないということになります。

でも、これって動物実験でしょ?
人間ではどうなの?
と思う方もいるかもしれません。

ただ、当然のことながら、実際の人間でがんになる可能性のあるテストを行う事はできません。

そういった面では、焦げを取りのそいて食べる人を見かけても、声をかけずに見守ることが良いのかもしれないですね。
人間が動物と比較して特別がんになりやすい可能性などもゼロではないので。

魚、肉の焦げと発がん性物質についてのまとめ

・魚や肉を強加熱することで発がん性物質は確かに発生する
・ただし、動物実験の結果より常識的な量を食べる分には問題ない
今回の内容についてはこういったものになっています。

最後になんですが、発がん性物質を含む食品はそれなりにあります。
・発がん性物質の量が少ない
・他の食品の良い部分で打ち消すことができる
・人間の体内で処理される
こういった理由が絡み合って、そこまでも問題視されていません。

念のため、と用心することはやぶさかではありませんが、あまり神経質になり過ぎると、ストレスで体調を崩したりしてしまうので、ほどほどに考えていけると良いと思います。