ボディビルとフィジークの違いは?

スポンサーリンク
フィジーカー

ボディビルとフィジークの違い そもそもフィジークとは何か

ボディビルの大会についてはなかやまきんに君やオードリー春日さんの活躍によって一般的にも知られるようになり、大会出場者も増えているそうです。

そんな中で、大会数、参加者数自体大幅に増やし続けているのがフィジークです。

 

今回はこのフィジークについて説明を書いていきます。

 

フィジークとは

アメリカ発祥であり、ボディビルとの違いとして

ボディビルは体全体の筋肉量、凹凸のメリハリ、カットなどが評価されます。

 

それに対してフィジークでは上半身の逆三角形具合、ウエストの引き締まり具合、髪型やサーフパンツのデザインという面が評価対象になります。

 

髪型やサーフパンツのコーディネイトまでもが評価されるというのが独特です。

このためサーフパンツの似合う体型にすることが重要です。

 

全体のカッコよさを争うという点からも「イケメン評価」という感じです。

夏場の海にいたらさぞかっこいいだろうな・・・という人が目白押しです。

 

フィジークの大会に出る方は上半身をゴリゴリに鍛えていますが、ウエストから下半身細目なため、いわゆる細マッチョが好きな日本人にはボディビルよりも受け入れやすく、競技人口も大会数も爆発的に増えています。

 

最近ではフィジークで有名になった人が、ボディビルに転向するケースも多く、そういった部分での良い循環が生まれてきています。

価値観としても筋肉ムキムキへの抵抗感を減らすのに一躍買っていると思っています。

やはりかっこいい、美しいという入り口は大切です。

 

ちなみにボディビルをしている人をボディビルダーというように、フィジークをしている人はフィジーカーと呼びます。

基本的に逆三角形をアピールするため、肩の三角巾が発達していることが重要になります。

肩幅を出すことが三角形の面積を広げることにつながるという感じです。

 

ボディビルとの違い

フィジークとボディビルの違いは数多くありますし、それはすでに上記にも書いていますが、個人的に最も異なると思うのは、太ももが評価対象となるか否かという点です。

下半身の中でも太ももの筋肉は大きく、鍛えることでボリュームも増すため、ボディビルでは優先的に鍛えるべき部分となります。

 

一方のフィジークでは、太ももがサーフパンツの下に見事に隠れてしまうので、まったく鍛える必要がありません。

 

ここにそれぞれの価値観が反映されて様々な意見が出ることが個人的には興味深く感じています。

 

上半身はムキムキなのに下半身がヒョロヒョロである体型をチキンレッグなどと言ってアンバランスであるとさえ考えている一方

 

フィジークで効率的にトレーニングを行おうとするのであれば、下半身はあまりハードに追い込まない方が良かったりもします。

 

こういった違いをすんなり受け入れられる人もいれば、モヤモヤとしたままいる人もいて、それぞれの考え方に共感できる部分があります。

 

フィジークからボディビルに転向する人は、途中から自分の中の価値観に変化が出てきてボディビルへの転向を決意する方もいるので、こういった考え方も普遍的でもないし。個人的にはどういった考えに対しても否定的には慣れないと思っています。

 

サッカーとフットサル、野球とソフトボールのように似ているけど違うもの、という感じ。

 

トレーニングした人が目指す目標に色々な形があるというのはとても良い事なので、このままフィジークの人口が増えて、ボディビルへの理解も深まって・・・という未来が来ることを願っています。