夏に多いペットボトル症候群とはどんな症状? 

スポンサーリンク

ペットボトル症候群とは?

ペットボトル症候群という言葉があります。

これは夏場に多いのですが、

暑いので喉が渇いて水分補給を多くしますが

糖を含む清涼飲料水や炭酸水などのいわゆるソフトドリンクやスポーツドリンクを

短時間に大量に摂取することで起こる急性の糖尿病です。

糖が短い時間で大量に体内に入り込むので、

血糖値が一気に高くなり、

その血糖値を下げなければいけないと

体がインスリンを大量に分泌することで起こります。

糖を大量に摂ることが原因なのでソフトクリームとソフトドリンクの合わせ技でなることもあります。

ペットボトル症候群の症状

糖を多く含む飲料を飲むことで高血糖状態になると

糖尿病の症状のひとつでもある

喉の渇きを誘発します。

この喉の渇きが高血糖状態の症状なのですが、

普通は単純な水分不足と考えて、さらに水分摂取をしてしまいます。

ここに落とし穴があります

糖の入った飲み物で水分摂取

高血糖状態により喉が渇くので、

更に手元にある糖の入った飲料をで水分摂取

以下繰り返し、ある程度血糖の状態が悪くなったところで

喉の渇き以外にも糖尿病のような症状が出始める。

初期ではだるいなどの倦怠感や体重減少など

重くなるとおしっこの量・回数が増えたり、意識レベルで異変が出ます。

昏睡状態に至る場合もあるので

ペットボトル症候群などというかわいい名称にだまされず

注意することが大切です。

医学的名称はソフトドリンクケトアシドーシスなど(全くかわいくない!)

ペットボトル症候群と呼ばれる理由

ペットボトル飲料に糖の多い商品が多いためです。

この糖は砂糖だけでなく、果糖や果糖ブドウ糖溶液も

注意するべき対象になります。

つまり、大体の商品が

飲みすぎ注意!

ということですね。

日本人ならお茶やろ~ということでしょうか。

夏場はきっかけとなる水分摂取の回数が多いので、

特に注意が必要ですが、本来は季節に関係なく

注意が必要です。

ペットボトル症候群の先にあるもの

最初にペットボトル症候群は

一時的な急性の糖尿病

書きましたが。

糖の含まれる飲み物を常飲するということが習慣になってしまえば、

急性的な症状が出ていなくても

慢性の、いわゆる普通の糖尿病にかかってしまうリスクが高くなります。

ペットボトル症候群自体も

実は元々糖尿病の人や血糖値高めの人がなりやすいことが

分かっています。

基本的には習慣ということですね。

子供の運動時の水分補給であれば

スポーツドリンクは有効ですが、

運動していない時、家にいる時などは

インスリンを出す膵臓を休ませてあげる意味も含めて

麦茶などの糖が含まれない飲み物にしてあげるなど小さいころからの習慣にしてあげられると将来的な病気へのリスク回避になると思います。

家でゴロゴロしながら飲むものが、

糖のたくさん入った飲料か、

そうでないものか、というささいな違いですが。

毎日のことになりますので。