夏場の熱中症予防に飲む水分がただの水ではダメな理由

スポンサーリンク
水分補給

夏場の熱中症予防 水分補給が水ではいけない理由

夏の熱中症予防といえば水分補給ですが、最近ではスーパーなどでも塩分入りの飲料が夏場には並ぶなど、ミネラル補給の重要性が知られるようになっています。

では、どうしてただの水分だけでは夏場の水分補給に不十分なのかを書いていきます。

熱中症予防のための水分補給はミネラルが重要

夏場は体温を一定に保つ、上昇をおさえるという為に発汗が多くなります。

汗を皮膚から蒸発させることで体の表面の熱を逃がすためです。

汗には水分とミネラルが含まれます。

汗を失うということは水分と共に体内のミネラルも外に失っているという事になります。

人間の体内には体液というものがあって、そこにミネラルも多く含まれ、それぞれ神経伝達など重要な役割をしています。

人間の体はこの体液の濃度を一定に保つことで浸透圧などによって体の色々な機能を行ったり保ったりしています。

 

ミネラルが不足すると足をつりやすくなる

夏場の運動で足をつる人が多いのは疲労が溜まりやすいことと、このミネラル不足によるところが大きくなっています。

こういった人体でも重要な役割を持っているミネラルを大量に失うことは非常にデメリットを伴うことにつながっています。

 

熱中症予防時に水分だけを補給するデメリット

では、具体的にどうしてただの水や清涼飲料水の様にミネラルを含まない飲料では熱中症予防に不十分なのでしょうか?

上記の通り、人間の体は体内の体液の濃度を一定に保つ仕組みがあります。

水分だけを補給した場合には、ミネラルをはじめとした体液が薄まってしまうため、濃度を保つことができません。

更に、体液が薄まると浸透圧が上手く働かなくなってしまうことから、人間の体はせっかく補給した水分を汗や尿で体外に排出することで体液の濃度を保とうとします。

このため、水分だけを摂取しても体液が薄まる→吸収されず体外に排出する→体液の量自体が少なくなる(体内の水分量が回復しない)ということになります。

これがミネラルを補給せずに水分だけ摂取した際に起る現象です。

このため水分だけを一生懸命摂取しても熱中症の予防にはあまり役にたちません。

 

夏場の運動時にはスポーツドリンク

こういった理由から、夏場に大量の汗をかく仕事やスポーツをしている際にはミネラルの補給が非常に重要になります。

建築業だと現場に大量の塩を用意して作業に当たる職員がいつでも摂取できるようにしています。

本来は岩塩など、様々な種類のナトリウムを含むものの方が好ましいですが、普通の食塩でも、一応効果は期待できます。

水分補給もスポーツドリンクなどミネラルを含むものが向いていますが、注意点として成分表示を確認し、ナトリウムとカリウムくらいは含まれているものを購入するようにしてください。

最近はアミノ酸など、限られた成分だけを含んでいるスポーツドリンクも増えてきました。

適当に購入すると、求める熱中症対策の効果が無い商品を選んでしまうことになってしまいます。

 

スポーツドリンクが苦手な人の熱中症対策

スポーツドリンクは苦手という人は熱中症予防にミネラルを多く含んだアメやラムネが販売されているので、そういうもので補うことが良いと思います。

ミネラルのサプリメントも方法のひとつですが、こちらは即効性がそもそも考慮されていないため商品によってまちまちなので、運動前にあらかじめ摂取しておくなどの方が有効だと思います。

 

熱中症予防がただの水ではダメな理由 まとめ

今回の内容は

・夏場の水分補給は水分だけでは体内に吸収されず排出されてしまうこと

・汗で失った分のミネラルを補給することが重要であること

この2点に絞って書いてきました。

人間の体は上手くできていますが、反面過酷な状況においてはその状況に適したものを摂取していかないとその機能が上手く働かないという事が起ります。

僕も毎年運動後に熱中症になるので、今年からは塩飴の良いやつを用意して適宜摂取するようにしています。

熱中症は重度になると命に関わるものなので、その予防には気を使っていきたいところです。