テレビを見ながらなど、ながら食べはどうして良くないのか?

スポンサーリンク

ながら食べはどうして良くないのか

食事中に新聞を読まないように、テレビを見ないように

最近ではスマホをいじらないように

どうして食事と他のことを同時にしてはいけないと言われるのでしょうか?

簡単に結果を言ってしまえば食事に対する集中力の欠如で起こる問題がいくつかあることと、核家族化が問題になった時に、食事位は家族でテーブルを囲み会話をしようという価値観が生まれたためだと思います。

会話の重要性については人それぞれ、家族それぞれなので、個人的には無理矢理会話する必要があるのか、テレビ見ながらテレビの内容についての会話は会話として扱われないのかなどの疑問を感じはしますが、これも価値観の違い位に感じています。

ながら食べは食事に対する集中力の欠如を招く

うちには小学生と保育園の子供がいるので感じる部分もあると思いますが

主に子供がテレビを見ながら食べている時には

・恐らく何を口に運んでいるのか意識が無い

・あまり噛まない

・そのうえ中々飲み込まない

・食べ散らかす

という状態です。

食べる量が伸びない上に、時間ばかりかかって母親に怒られます。

正しい姿勢で正しい食習慣を身につけるという意味では不都合が多いです。

とは言っても、これらは初歩的な問題で、大人になれば大丈夫な面もあるでしょう。

ただ、何が口に入っているか分からずに食べていると、

どの食材がどんな食感で、味はどうだったかをきちんと学習できない、味音痴になるなどのデメリットは大人になっても尾を引くかもしれません。

大人になってからの食事への集中力の欠如は

・何をどれだけ食べたか分からなくなることで、食べ過ぎてしまう(特に大皿盛りの料理)

・噛む回数が少なくなりがちなので、満腹感を得にくく、消化器官への負担が増える

・噛む回数が減ることから早食いになりがち

と、健康や主に食べ過ぎにつながるというデメリットがあります。

食事は食べる分だけ用意すれば大丈夫かというと、満足感が得られなければ、間食につながってしまうので、良く噛んで満足感を得るという意味では食事への集中力はなかなかどうして、うるさい大人の小言では片づけられない部分もあります。

特に食事開始から15~20分後から満腹になったサインが脳から送られるので、しっかりと食事の時間稼ぎをすることはダイエット時の所持の基本とも言えます。

あとはガリガリに痩せている人も、しっかり噛むことで、食べ物を細かく砕いて、消化吸収しやすくすることができるので、集中して食事をすると良いと思います。

食事は人間の3大欲求である上に、お腹が空いた時の最高の時間でもあります。

ながら食いを否定はしませんが、動物のように「単なる栄養摂取」にならず、楽しみの一つとしてもある程度の集中力を持って臨むのはどうでしょうか。