ロングブレスダイエットは運動経験のない方には入りやすいかも

スポンサーリンク

ロングブレスダイエット

芸能人の美木良介さんが考案したこのダイエット

個人的には運動習慣の無い人に結構おススメだと思っています。

今回は本を読んで、それを実践してみたところから感想をレポートしていきます。

特徴

深い呼吸で腹筋を強く収縮させる

これが最も端的に表す表現ではないかと感じました。

深呼吸の要領なのですが。

ただの深呼吸であれば

息を吸った時に肺に酸素が入って吐いた時に腹筋が引き締まる感じになります。

そこが、ロングブレスダイエットでは

息を吸うところから腹筋は凹ませて、息を吐く所で更にお腹を凹ませていきます。

少しがんばるだけで腹筋に負荷がかかっている事を自覚できます。

お腹と背中がくっつく感覚で行うと、筋トレさながらの効果も期待できます。

片足を一歩分後ろに下げて、姿勢よく行うと背筋にも一定の負荷をかけることもできます。

この内容って、今流行の体幹と呼ばれる部分の強化になるので、それらと同じような効果を期待して良いと思います。

運動経験の無い人でも、特に体を動かすわけでもないし、非常に取り組みやすいことが特徴的です。

効果

痩せた!というくらいの効果を期待するのであれば、他の運動も組み合わせたり、食事についてもある程度見直す必要があります。

ロングブレスのダイエット本もその辺りはしっかりと認識していて、内容にその他の運動なども盛り込んでいます。

ウォーキングしながらこのロングブレスを取り入れると、運動の強度が高くなりますが、負荷としては、ケガの恐れなどはかなり低いので、こういった組み合わせで消費カロリーアップを狙うのはとても有効です。

実感

本当に「お腹がこれ以上は凹まない」というくらいに収縮させることを数回繰り返すと、かなりの負担になります。

僕は腹筋を鍛えるためのトレーニングはロングブレスのこの方法と、腹筋ローラーをコロコロやることしかしていませんが、筋肉痛になりますし、体脂肪は15%ありますが、腹筋は割れているので負荷は十分に足りている印象です。

取り入れやすさと実際

呼吸を深くすることだけ悟られなければ仕事中にもこっそりできるのが特徴です。

僕は毎朝軽い打合せを業務上立ったまま行うのですが、他の人の報告を受けるタイミングで、こっそり行っています。

服の上からだと、恐らく分かりません(ピチッとした服だと分かりそうですが・・・)

立ったまま誰かを待ったりなどのふとしたタイミングで行えるのが非常にありがたいです。

隙間時間を埋めるのはスマホではなくてダイエットが良いのかもしれません。

まとめ

ロングブレスダイエットはこれだけで「○kg痩せよう」というものではありませんが、生活のどこかに取り入れることで、生活にメリハリをつけたり、筋肉をつけて基礎代謝を上げたりと、きっかけや他の取り組みも行う中での土台として非常に使いやすいと思います。