α-リノレン酸を含むアマニ油・エゴマ油でDHAとEPAを補給しよう

スポンサーリンク
アマニ エゴマ

アマニ油・エゴマ油でDHAEPA

 DHAEPAと言えば脳の血流を良くすることから「頭を良くする」などの効果が謳われます。
最近では物忘れや痴呆症の予防といった面での効果も期待されます。
そんなDHAEPAと言えば青魚の脂が有名ですが、さすがに毎日摂取するというものではありません。
 
そこでα-リノレン酸としての摂取も方法のひとつです。
このα-リノレン酸は体内でDHAEPAに変換されます。
 
そしてこのα-リノレン酸を含むのがアマニ油とエゴマ油になります。
油という形なので、手軽に摂取できるのが強みです。
 
今回はアマニ油とエゴマ油についてをメインにα―リノレン酸まわりの話しをしていきます。
 

α-リノレン酸について

α-リノレン酸は必須脂肪酸であるオメガ3系の脂肪酸です。
このα-リノレン酸を利用してDHAEPA を作ることができますが、その割合は10%~15%程度と言われていて、そこまで高くは有りませんが、そもそも必須脂肪酸であることなどから、有る程度の摂取量を確保しておくことが望ましいところです。
 
α-リノレン酸は熱に弱いという特徴があります。
そのため、調理に使用するというよりは、ドレッシングとして使用するなどの用途が推奨されます。

DHAEPA

最近ではDHAは子供の頃の脳の発達に特に重要で、大人はむしろEPAを摂取することが重要という流れになってきています。
とは言っても、青魚にしてもα-リノレン酸にしても、どちらか一方という訳ではないので、そこまで神経質になる必要はないと思います。
 
気にするとしたら、サプリメントでどちらか一方のみを摂取する場合くらいでしょう。
 

アマニ油とエゴマ油について

これらは種子から油を抽出したものですが、個人的には癖が強いと感じていました。
そこが今回のこの記事を書くに当たってのポイントになったのですが。
 
実は、メーカーによって、この癖の度合いがかなり違います!!
今回日清のアマニ油を購入して使用したのですが、これが癖があまりなくてびっくりしました。
今までの我慢はなんだったのか・・・
 
加熱してはいけないとはいっても、そのまま摂取するのは難しいという感想を持っていたのですが、これならサラダにかけるどころか、ヨーグルトなどに混ぜても問題ないレベルです。
 
僕は日清さんの商品が今は気に入っていますが、それぞれ好みもあると思うので、色々な商品を試してみて、長く摂取することが困難ではない商品を探し歩くのが良いと思います。
健康の為の商品でストレスを溜めてしまっても本末転倒ですし。
 

アマニ油とエゴマ油の食べ方

すでに書きましたが、加熱調理は不可なので、用途は限られてしまいます。
 
癖の強い油を買ってしまった場合には単品で我慢して飲み込む方が良いかもしれないです・・・・
 

サラダにドレッシングとしてかける

塩コショウと混ぜてドレッシングに。
お好みでレモンの絞り汁を入れても美味しくなります。
 

パスタに最後にかける

オリーブオイル代わりにかけるのも良いです。
 

ヨーグルトに混ぜる

僕はこれがお勧めです。
はちみつと一緒に入れたりするとある程度の癖のある油までなら我慢できます(笑)
 

プロテインを飲むときに一緒に流し込む

これはちょっと荒業
スプーンに油を入れて、口に投入してからプロテインで流し込みます。
 
一度プロテインと一緒にシェイクしてみたら、シェイカーがギトギトになって笑ってしまいました。

まとめ

体に良いα-リノレン酸を積極的に摂取するのであれば、青魚だけでは困難なので、油に頼るのは効果的です。
 
そして身体に良い油は糖質制限をする際に積極的に摂取することで、エネルギーの不足を補いながら効果的に脂肪燃焼をしてくれるという点でも非常に有用です。
 
その恩恵を引出して、健康な生活の役に立てていきましょう。

癖が少ない商品でも厳しいという方には下記のようなサプリメントは無難な選択かもしれないですね。

亜麻仁油配合のサプリメントはこちら