ライザップの暗闇ダイエットのメリット

スポンサーリンク
ダイエットプログラム

ライザップの暗闇系ダイエットが流行の兆し

ライザップの新規事業の面白さ

「結果にコミットする」で一般的な知名度を一気に上げたライザップですが、その後ゴルフレッスンを始めていたのは知っていたのですが、最近は更に新しい取り組みを始めていて、これが僕から見ても「ニーズあるだろうな」と思うものなので紹介したいと思います。

残念なのは女性専用であることです・・・

その名も暗闇ダイエット



 暗闇と名乗る理由

入口から薄暗めになっています。

更衣室もそんなに明るくありません。

その暗さはネガティブなものではなくて、おしゃれな感じを演出しています。

特にトレーニングスペースではインストラクターと共に汗をかくわけですが、そのホールの様子は僕らの感覚だとディスコ、今ではクラブといった感じでテンションが上がりそうです。

ブラックライトにアップテンポな音楽。

更衣室などを含めてのオシャレな空間。

これは良いものです。

最近はこういった施設が増えていて、暗闇でのボクササイズやトランポリンなど、様々な業務形態が増えています。

暗闇系ダイエットのトレーニング内容

この施設はファンクショナルトレーニングジムという括りです。

本来ファンクショナルトレーニングというのは、一般的な筋トレではなく、日常生活やスポーツの動作に近い動きを行うトレーニングのことを表現します。

一般的なウエイトトレーニングは、重たい物を非日常的な動作で動かす方法になりますが、健康増進を目的としている場合には、日常的な動作に準じた動きをすることで、必要な筋肉をしっかり維持・増進しましょうという狙いがあります。

ライザップさんの暗闇ダイエットでは、ファンクショナルトレーニングを自重トレーニングという意味で使用しているようです。

自重トレーニングは

重たい物を持ち上げるのではなく、自分の体と重力を利用したトレーニングになります。

このため、運動初心者の方でもはじめやすいことが最大のメリットになります。

無理に重たい重量を扱う事もないので、ケガをしにくいのも長所になっています。

暗闇ダイエットが流行るわけ

僕が思う流行の理由を2点挙げていきます。

暗闇系ダイエット流行の訳1:オシャレ

これは本当に大切です。

凄くストイックな方だけを対象とするのであれば、設備を充実させるだけで良いのですが、ダイエットも目的とする層に対しては、そこまでストイックであればそもそもダイエットの必要性が無い訳で、必ずプラスアルファが必要になるわけです。

その空間自体が「行きたい」と思わせるものであれば、それは十分な動機になります。

暗闇系ダイエット流行の訳2:薄暗さがちょうど良い

自分の体に自信の無い人でも、ちょっと暗ければ周りの目をいつもほどは気にしなくても良くなるという点もメリットだと思います。

きっちり化粧していなくても大丈夫(そこへ着くまでのことは置いておいて)ですし。

女性専用だからこそ、回りに必要以上に気を使わなくて良いということはありがたいと思います。

周囲が気になりにくいにもポイントとしてあります。

明るいとどうしても周囲が気になったりします。

自分のことに集中できる環境であることはもちろん、少し動きが遅れてしまっても目立ちにくいなど、案外明るくない事のメリットは少なくありません。

暗闇系ダイエット流行の訳3:自重トレーニングの手軽さ

自重を利用してのエアロビックな運動という感覚のプログラムで構成されています。

この辺りが、そもそものライザップと住み分けができていて、筋トレだから・・・と敬遠していた層に向けた取り組みとしては、ストライクと言えると思います。

特に女性はウエイトトレーニングは筋肉マッチョというイメージを持っている方もまだまだ多いので、こういった「一般的な痩せるイメージに近いもの」はハードルがかなり低くなります。

暗闇系ダイエット流行の訳4:価格設定が安い

ライザップと聞くと、数か月でウン十万円かかるのでは・・・と思うかもしれませんが、

そんなことは一切なくて、普通のジムのような感覚の月ごと設定になっています。

フルタイムプラン(16,800円・税込)、平日デイタイム(10:00-17:00)プラン(13,200円・税込)

あちらほど厳しくなくて、むしろダイエットの為のノウハウは輸入しているけれど、別物の感覚です。

お互いが違う事で顧客のニーズを拾える部分は多くありそうですね。

ライザップの暗闇系ダイエットについて まとめ

僕が女性ならとりあえず1回は体験してみたい施設です。

残念ながら男に生まれてしまったので、他の暗闇系スポーツを試してみようかと画策しています。

あまり人目を気にしなくて良いところが個人的に一番のポイントです。

ジムは集中してナンボだと思っていますので!

ストイックな人にも、運動初心者にも優しい、そう言える施設なのではないでしょうか。