洗剤などに含まれる界面活性剤の危険・安全性について

スポンサーリンク
洗剤・界面活性剤

界面活性剤について

界面活性剤という名称は様々な洗剤で使用されています。

一番有名なのは洗濯用洗剤で、界面活性剤を含む数値が○%と記載されていることが多くあります。

実際に界面活性の含有量が多い方が汚れは落ちるのですが、一方で、界面活性剤が健康に与える影響を考慮して、避けるべきとする風潮もあります。

界面活性剤がなぜ危険だと考えられているのかなど今回は書いていきます。

界面活性剤の働き

界面活性剤は水に対して親和性を持つ部分と油に対し親和性を持つ部分の両方を持っています。

水と油は本来交じり合いません(正確には混じったりしますが・・・)

でも、界面活性剤は両方に親和性があるため。水と油を混ぜ合わせることができます。

これによって、洗濯であれば洗濯物に素早く浸透することができると共に、油汚れも落とすことができます。

この特徴から、洗濯用洗剤だけでなく、台所用洗剤やシャンプーなどにも使用されています。

実は石鹸も界面活性剤

なんとなく

界面活性剤=体に悪いもの

石鹸=体に悪くないもの

という括りになっていますが、実は石鹸も界面活性剤です。

そもそも水と油を混ぜ合わせるという界面活性剤の特徴を持っていなければ、脂汚れはキレイに落とせません。

つまりは石鹸も界面活性剤です。

なぜ石鹸は特別な扱いを受けているのか

成分表示を見ると石鹸は「石鹸」と記載されていることがほとんどです。

その他の界面活性剤については「界面活性剤あるいは合成界面活性剤」と記載されています。

なぜ同じ界面活性剤仲間であうはずの石鹸は特別に扱われるのでしょうか?

これは石鹸の製法が非常にシンプルであると言う面と、石鹸は水で薄まるだけで界面活性作用を失ってしまうからです。

その他の界面活性剤は少量でも効果をある程度発揮しますが、石鹸は薄まるとその効果を発揮できないというデメリットでもあります。

界面活性剤の健康に対する影響

では、こういった界面活性剤は体にどのような影響を与えるのでしょうか?

基本的に洗剤における毒性は肝臓などで問題なく解毒することができます。

ただ、この解毒処理に時間がかかるので、短時間に大量の摂取をした場合には医療的な処置を行う必要があります。

洋服などに残っている成分から経皮吸収される分については、安全と言われる基準を十分に満たしていて、催奇性や発がん性などの問題はないとされています。

一方で肌の弱い人は肌のトラブルにつながるという報告があります。

特に問題となるのは刺激や乾燥であり、こういった点から、界面活性剤については必ずしも安全とは言い切れない面はあります。

無添加洗剤は安全か?

無添加洗剤と言っても、洗浄するための成分は何かしら含んでいることから、今のところ無添加洗剤ならではの安全性というものは確立されていません。

ただ、人工の界面活性剤よりも、天然の界面活性剤の方が安全性が高いことは分かっています。

石鹸が特別扱いされるもう一つの理由が、この「天然成分だけで作ることができる」という点です。

もちろん石鹸というだけで重宝するのではなく、石鹸といえども、人もよっては肌に合わない成分は天然の物でも存在するので、成分を確認する必要はありますが。

界面活性剤について まとめ

界面活性剤だから悪いのではないという点を理解していただくことができたでしょうか?

一方で僕のように肌の弱い人は、洗濯洗剤ほど強くないシャンプーやボディーソープでも背中にブツブツと荒れてしまったり、頭皮は乾燥して痒い上にかくと、頭皮が剥がれて大変だったりします。

自分の肌の強さと、それぞれの洗浄力を考慮しながら、洗剤を選ぶのが、現在のところは良さそうです。