肥満とインスリンの関連性 

スポンサーリンク
肥満とインスリン

肥満とインスリンの関係

インスリンは血糖値を下げてくれる唯一のホルモンです。

一方で肥満ホルモンと言うように、インスリンの働きには脂肪の合成を高めて、分解を抑制するものがあります。

つまりは

体脂肪をたくさん作るようになり、体脂肪の減少は食い止めようとします。

このため、インスリンと肥満には切っても切れない縁のようなものがあります。

今回はこの肥満とインスリンの関連性について簡単に書いていきます。

肥満ではインスリンが効きにくくなる

肥満になるとインスリンに対する感受性が弱くなります。

インスリンの効果が出にくく(血糖値が下がりにくく)なるので、より大量のインスリンの分泌が必要になります。

インスリンの量が増えることで体脂肪の合成はさらに高まっていきます。

太っているからインスリンが効きにくくなる

インスリンが効きにくいから太る

この場合は両面からの意味があると言えます。

ちなみにこのインスリンの感受性は肥満の方が体重減少をすることで改善できるということが分かっています。

このため、糖尿病の基本的な方針としてカロリー制限が伴うケースが多くなっています。

インスリンはいつ分泌されるのか

肥満の原因となるのは基本的に食べ過ぎによる体重増加が多くなっています。

食べ過ぎる内容としては主に糖質と脂質という甘いものやこってりしたものが代表的であって、この「甘いもの」を体内に取り込むことで脳がインスリンを分泌する命令を出して、膵臓からインスリンが出されます。

以前は糖質摂取による血糖値の上昇がインスリン分泌のスイッチだと考えられていましたが、血糖値を上げることのない人工甘味料の摂取でもインスリンの分泌が確認されてからは、甘さそのものに反応してインスリンの分泌が行われているという理解になっています。

このため、カロリーゼロの飲料でも油断してはいけないと言われるようになりました(こちらの記事参照

インスリンを分泌しない方法

単純に糖質と人工甘味料を断った生活をすることで血糖値の変動は抑えられます。

とはいっても、これでは主食となる

米・パン・麺が何も食べられず、小麦製品も口にできないので、スーパーで売っている食料品の半分かそれ以上の割合で口にできなくなってしまいます。

要するに現実的ではない。

これをダイエットや糖尿病の状態改善のための方法として取り入れているところもあるようですが、そこにたどり着くまでは大変な苦労があったことは容易に想像できること、実践側にも我慢が多いことなど、なかなかハードルは高いと言えます。

インスリンの作りすぎで膵臓は疲弊する

インスリンは膵臓で作られますが、あまりにもインスリンの感受性が低くなってしまうと、インスリンを大量に作るために膵臓に負担が大きくなってしまいます。

そこでインスリンの分泌が落ちてしまうと血糖のコントロールが乱れるので、一気に状態が悪くなることもあります。

一説では、膵臓が一生の間に作ることのできるインスリンの量は決まっていて、日本人のような人種(モンゴロイド)はその能力があまり高くないので、いかにインスリンを節約するのかという考え方が必要ではないかと言われています。

これを裏付ける事実として、アメリカ・ヨーロッパの人たちは若いころは引き締まったカッコいい、あるいは美しいプロポーションをしていますが、おじいちゃん・おばあちゃんになるとすごく太っている人を多く見かけます。

これは太ってもインスリンを分泌できる能力が高く、肥満が日本人ほど健康を害することに直結しないという生きた証拠とも言えます。

日本人よりも太ることに適正があるとも言えます。

肥満とインスリンの関連性 まとめ

結局は肥満を改善することがインスリン感受性を高めて、血糖値のコントロールを容易にすることから、健康への近道となります。

太ることでの悪循環は冒頭にも書いてある通り、日本人には避けることが難しい問題です。

ただ、インスリンと肥満の関連性を知識として知ることで、今までとは異なる対応もできるようになることがあるので、少しずつ健康へ進むためのアプローチとして頭の隅に置いてもらえればと思います。