話題のHMBは筋肉と健康づくりのサプリメント

スポンサーリンク

今ネットで話題になっている。

HMBという商品について

どのような商品で

効果が期待できるのか

少し考えてみました。

そもそもHMBとはどんなものか

HMBは必須アミノ酸のひとつであるロイシン

代謝中に生成される物質です。

ロイシン自体が必須アミノ酸なので、体内で合成されず、

食品などで補給をしなければいけません。

そのロイシンからHMBを抽出して、

摂取量を大幅に増やすことを目的にしたのが

サプリメントのHMBです。

HMBの効果は

このHMBは以下の2点の働きが期待されています。

・筋肉合成のスイッチを入れ、筋肉を効果的に増やす

・筋肉の分解を抑える

トレーニングの効果を最大限にしてくれるサプリメントです。

筋トレを趣味にしている人でサプリメントに手を出していると

この効果について

クレアチンと通ずるところを感じると思います。

クレアチンはどちらかというと

筋トレの内容を良くするという印象になりますが。

この2つはとても相性が良く

両方飲むとトレーニング効果を最大限に発揮できるでしょう。

クレアチンでトレーニング内容を良くして

HMBでトレーニングでの筋肉分解を防ぎつつ、増量をする。

HMBについては全く効果がないということは

ない商品になっています。(言い回しが下手ですみません)

そもそもロイシンの摂取がBCAAで

有効であることはすでに一般的な情報になりつつあります。

BCAAが何かを知らないけど

体に良さそうで飲んでいるという人もいるでしょうけど。

BCAAはバリン・ロイシン・イソロイシンの

3つのアミノ酸を指します。

BCAAは疲労時のもうひと踏ん張りや

いつもより汗をかいてエネルギーを使用している実感が得やすいので

ここまで一般化したと思います。

その中でロイシン、さらにロイシンから効果的な部分を抽出しているので、

これで効果がないということはぼぼあり得ません。

ただ、その効果が全員に実感として現れるかというと

そうでもありません。

特に筋トレ初心者が摂取すると効果が実感しやすく

中級者以上は実感しにくい傾向にあります。

なぜかと言うと

中級者くらいになってくると、プロテインや食事にも肉など

かなり気を付けてたんぱく質を多く摂取します。

するとHMBは元々アミノ酸のロイシンで、

アミノ酸はたんぱく質を分解したものです。

たんぱく質→アミノ酸(ロイシン)→HMBという

代謝はすでにある程度行われているので

量が増えたことによる実感は感じにくくなります。

とは言っても普段は摂取したロイシンの5%ほどしか

HMBにならないので、すごい効率ですね。

初心者は

まだ食事についてそこまで変えられていないことが多いので、

サプリメントでHMBを補給すると一気に効果を実感できる。

ということがあります。

もちろん

ある程度筋トレ歴のある方でも

食事にそこまで気を付けられない・・

という方や、万全を喫したい方には

摂取の価値が十分にあるものだと思います。

実感はあるに越したことはないけども

実感までいかないにしても効果はあります。

筋肉の分解が防がれているかどうかは

筋肉内部を見られないので、

本人の感覚頼みになることから

本人評価だけに左右されがちです、

なので高評価と効果がないという意見が出るのも

仕方のないところです

色々なメーカーさんがHMBを販売していますね。

性用の商品も充実してきました。
こちらの商品はHMB以外にもダイエットに有効な成分、女性が求める体づくりを支えるための成分を多種取り入れています。

男性と女性の体づくりにおけるニーズの違いを上手く商品に反映させていると思います。

ジムに通う女性も増えてきましたし、これで更に日本の女性の健康・美容が高まると良いですね。



一方、男女区別のない一般のHMBについては更に様々な商品が販売されています。

それだけ売れるということなんでしょうね。

色々な成分を含んでいたり、とありますが。

男性であればシンプルなHMBの方が良い気がします。

まずは1日1500mg程度のHMBが取れるこちらの商品などから入門して、もっと含有量を求めるのか、自分にこのぐらいが合っていると判断するのか。

もしくはHMBは向いていないと判断する、というところもひとつ方法だと思います。