エグゼクティブ向けダイエット本を読んで

スポンサーリンク
エグゼクティブ

エグゼクティブ向けダイエット本の感想

色々なダイエット本が出ていますが、今回は以前より気になっていたエグゼクティブ向けのダイエット本がタイミング良く3冊手に入ったので、それらを読んでの総合的な感想を書いていこうと思います。

 

エグゼクティブって何?という点から

エグゼクティブとは何でしょうか、一番簡素に書いてあるものでは以下のようになっていました。

企業の運営管理に直接携わる上級管理職や企業幹部のことである

Weblio国語辞典

 

要するに会社で意思決定などに関わる一定上に偉い人という感じです。

 

こういった人たちの特徴として

  • 仕事が忙しい
  • 仕事の付き合いが忙しい

こういった理由からとにかく時間がないという共通点があります。

 

忙しくて、時間の作れない人達にどういった方法を進めているのかという点について以前より興味があったので、今回は良い機会となりました。

 

エグゼクティブに薦めている方法

販売している本の内容なので細かく全部説明してしまうというのも気が引けるので、今回はざっくりと気になったところや関心をひかれたところをピックアップしていきます。

 

朝食を摂取しない

すべて本で共通というわけではありませんが、朝食を食べないという方法を押しているものは多くあり、これが興味深かったです。

 

大体、エグゼクティブと呼ばれる人たちは夜に会食など仕事の付き合いでそれなりに食べるので、朝食べる必要はないという考え方です。

 

更に忙しい時間の朝の食事をしないだけで朝の時間に創作的な思考などに回す時間ができるという合理性はこういった人たちに受けが良いのではないかと思います。

 

運動はごく短い時間で行う

運動は習慣として取り入れたいので、短い時間で終わるものを採用している傾向があります。

成功体験を積み重ねるという点で、継続が簡単であるというハードルの低さを重視しているようです。

 

そして、エグゼクティブと言われるようなクラスの人たちの多くは、こういった取り組みが一度波に乗ってしまえば、突き詰めたり、自分なりに組み立てることを行う様な自主性や取り組む姿勢を持つ人たちです。

食べものについての知識も興味さえ持ってくれれば、自分でどんどん考えてくれます。

こういう部分の意識の高さなどはダイエットに成功しやすいと言えるでしょう。

 

仕事をマネジメントするように自分の体をマネジメントすることに興味を持ってもらう。

この一点に集中しても恐らく上手くいくでしょう。

こういった一般的な層に向けての指導との違いは興味深いところです。

 

エグゼクティブのダイエットは簡単か?

ここまで書いた内容では、エグゼクティブと呼ばれる方々のダイエットは簡単なように思えるかもしれません。

 

しかし、こういった人たちは大変な仕事量を抱えて居て、寝る間も惜しいということもあります。

そういった中で、食事について考えたり、たとえ5分でも運動してもらうというのは難しい点も多くあります。

 

食事も会食と書いてきましたが、会食がない日であれば、手軽に手短に済ませることを優先するようなこともあります。

相談者もそれを受ける側もこういった状況や変化を受け入れながら取り組むことが大切だという読み取り方を僕はしました。

 

まとめ

エグゼクティブは忙しい、仕事に責任もある。

こういった方は運動する時間の確保も難しければ、ストレスを食べることで解消した医という面もあると思います。

 

でも、こういった人たちは実際に合ってみるとエネルギーに溢れている人が多いです。

きっと、そこで単純に疲れ切ってしまわないことが僕のような一般人との大きな違いなのではないかと思います。

 

そういった方のダイエット本はやはり一般向けとは違ったテイストがあって非常に参考になりました。

恐らくこういった方に食事指導などするには、それすらも簡略的で手短に行うことが求められますから、本の内容も小難しいことは書いていなくて、非常にすっきりと読むことができます。

時間もそんなにかからなかったので、興味のある人は見てみてください。