必須アミノ酸、必須脂肪酸の必須とは何か?

スポンサーリンク
肉類

必須脂肪酸・必須アミノ酸は必要な体に成分

必須脂肪酸や必須アミノ酸というように

必須と言う言葉がつくものがあります。

この必須と言う言葉には

必ず必要と言う意味合いがあります。

なぜこれらの栄養素が必須という名称がついているのかというと、

体内で合成することが出来ないからです。

体は様々な栄養素を合成することができる

実は体は様々な栄養素を体内で合成することや、他の栄養素から作り出すことなどが出来ます。

コレステロールについては体内で合成することから、食事からの摂取量を制限することもだいぶ少なくなりました。

αーリノレン酸からDHAやEPAを作り出すことが出来ます。

血中のアミノ酸が不足すれば筋肉を分解して作り出し

糖質が不足すれば体脂肪を分解してエネルギーを作り出します。

このように体はかなり色々と融通をして生きていくための仕組みを備えています。

体内では合成出来ないものもある

様々に融通することができる人体ですが、どうしても体内で賄えない栄養素があります。

それが必須という名称のつく栄養素になります。

このため、必須という名称のつく栄養素は口から摂取する必要があります。

他の栄養素よりも重要性が高いと言えます。

ただし、必須脂肪酸と必須アミノ酸はきちんと肉・魚を食べていれば不足にはなりにくので、かなり偏った食事習慣でなければ心配はありません。

こういったたんぱく源は脂質も含んでいます。

必須アミノ酸から考える肉や魚の食べ方

では、万遍無く必須脂肪酸や必須アミノ酸を摂取するためにはどのような工夫をすると効率が良いでしょう?

肉であれば、牛・豚・鶏とそれぞれ含まれる栄養が異なるので、どれか一つだけに偏るよりも、ある程度ローテーションした方が栄養は広く摂取できます。

魚も同様で、赤身・白身・青魚で栄養は違います。

特に白身は脂が少なく、青魚はDHAとEPAという体に良い、質の高い脂を多く含みます。

それぞれに特徴が異なるので、積極的に様々な種類を食べたいところです。

特にダイエットなどをしていると脂質の少ない鶏肉と白身魚に偏ってしまう傾向があるので、こういった点を少し意識して健康的な食事を心がけましょう。

必須アミノ酸について まとめ

・必須とつく栄養素は体内で合成できない。

・このため、食物から摂取する必要がある。

・普通の食習慣をしている分には特に不足する心配はない

・肉や魚も種類が偏り過ぎないように注意

今回は上記の内容を書いていきました。

必須○○というと、食べ物から摂らないと大変なことになってしまいそうですが、個人的には食べ物からの摂取が困難でないからこそ体の中で合成しないとも考えられるな、と考えています。

環境に対応しているとも言えます。

とにもかくにも、偏らない食事には気を付けていただきたいと思います。