アルコールはエンプティカロリーという神話の落とし穴

スポンサーリンク
アルコール

エンプティカロリーの謎

アルコールはエンプティカロリーだという内容については以前も書いたことがありますが(詳細はこちら

ここでは、最近のエンプティカロリーについての考え方と、それでも飲み会が肥満に結びついてしまう理由について書いていきます。

アルコールはカロリーがない?

以前も書きましたが

カロリーはあります。

ただ、このアルコールから摂取したエネルギーは優先的に使用されるため、基礎代謝などで消費されると考えれば、エンプティ(空っぽ)カロリーというのもあながち間違えとも言い切れません。

ではどうしてアルコールの摂取が増えると太るのか

アルコールからのカロリーを気にしなくても良いのであれば

どうしてお酒の席は太る場となってしまうのでしょう?

これは

お酒のカロリーが優先的に使用されるということは、その時に食べているもののカロリーは?

と考えていただければ、なんとなく分かってしまうのではないでしょうか?

そして飲み屋さんはお酒をたくさん飲んでもらいたいので、味付けを少し塩気多くしたりします。

塩気のあるものを食べると、飲み物が欲しくなります。

そして原価から考えて一番利益があるのは飲み物です。

居酒屋さんは実に合理的に考えらえているものなのです。

お酒のカロリーが優先的に使用されている間に、食べもののカロリーが蓄えられていく。

そして、お酒を多く飲むようにする仕組みも整っている。

更に、居酒屋さんに行くと揚げ物のメニューが充実しています。

カロリーは取りやすい環境となっています。

お酒(アルコール)の中には糖質を含むものが多い

・ビール

・日本酒

・カクテル類の多く

・紹興酒

・梅酒

この辺りは糖質を多く含んでいます。

ワインは物によるので、ここには書きませんでした。

こういった糖質を含むお酒を悪いというわけではありませんが

飲み会の席での揚げ物や脂質の摂取しやすさを考えると

糖質+脂質の太りやすいコンビネーションが簡単に完成してしまいます。

そして、お酒を飲むと我慢をするなどの理性的な感覚が抑えられてしまうので、食べ過ぎ飲み過ぎを次の日に後悔したことは多くの人にあるのではないでしょうか?

もはや飲み会の日はハメを外して、次の日からは食事をコントロールするという方が合理的ではないかと個人的に悟っています。

エンプティカロリーという言葉に期待をしない

ここまで書いた内容から、お酒のカロリー自体がそもそもそんなに問題ではなく、お酒を飲む場面によって起こる様々な要因が飲み会の増加と肥満に関連していることが分かります。

エンプティカロリーの問題点のもうひとつに

以前の記事でも中心的に書いたものですが

カロリーはあっても栄養的な価値は無いという点です。

栄養的に空っぽなのでエンプティカロリーとも言われます。

三大栄養素は炭水化物ばかり

ビタミンやミネラルは期待できない

こういった意味ではジャンクフードと大差なくなっています。

健康を第一に考えるのであれば

お酒はたしなむ程度に

おかずはカロリーを考えて

お刺身や焼き魚に日本酒なんてどうでしょうか?

焼酎の方が糖質は少ないのですが、個人的な好みで(笑)

アルコールがエンプティカロリーという話 まとめ

結局のところエンプティカロリーという言葉は、単純な言い訳です。

サンドイッチマンの「ゼロカロリー理論」のような感じで、お酒の席でお互いに我慢せずに楽しもうという姿勢になるための魔法の言葉なのではないでしょうか?