家庭で食中毒が疑われる際にはハイターが活躍

スポンサーリンク

家庭で食中毒が疑われる際にはハイターで消毒

これからのシーズンはノロウイルスを始め様々な食中毒のシーズンでもあります。

今回家庭での食中毒と書きましたが、正確には外から持ち帰った食中毒の方が明らかに多いのでそういった場面を想定しているという前提でお考えください。

特にノロウイルスが二次感染を起こしやすいのでノロウイルス対策が強めです。

即中毒の基本知識として

ノロウイルスにはアルコールは効果がありません。

そのためハイタ-(次亜塩素酸)を使用して消毒する必要があります。

汚物そのものには原液を使用し、拭き掃除など、周囲の消毒には薄めた液を使用します。

食中毒の症状と対応

食中毒の症状

家庭で

「これは食中毒かも」と疑うケースとしては以下のようなものがあります。

・下痢

・嘔吐

・腹痛

・気分が悪い、だるい

食中毒の対応

まず、本人は重篤な状態なら緊急を含めた通院を検討してください。

下痢や嘔吐で家の中を汚してしまった際には、以下の点に注意して対応してください。

①清掃作業開始前に使い捨て手袋とマスクを常備しておいて着用する

人の体はハイターを使用できないので、基本的に肌の露出しているところでは触れないことが原則になります。

②汚物については新聞やいらない紙をかぶせて上からハイターをかけます。

※床によってはハイターだと傷むので、汚物を新聞紙で拭き取ったら、ごみ袋に素早く映して原液のハイターをある程度入れ、即密封して捨てます。

特にノロウイルスでは汚物が乾燥してしまうとウイルスが空気中を漂い二次感染を引き起こすので、早め早めにハイターなどで消毒してしまうことが大切です。

③汚物処理後は周囲をハイターを薄めた液体で拭き取ります。

500mlのペットボトルを用意して水500mlに対しキャップ1杯分くらいのハイターを入れたものを用意し、周囲を拭き取ります。

床に落ちた汚物は目に見えない範囲にまで広がっているので、周囲5mくらい、余裕があればもっと広い範囲を消毒しておきたいところです。

④消毒が終了したら、着ていた服などを薄めたハイタ-に漬けて消毒します。

これは拭き掃除をしたものとは別に用意してください。

手袋、マスクもすぐにゴミ袋に密閉して捨てます。

ハイタ-に漬けたものは1時間程度(時間は大雑把でOK)したら洗濯します。(他の洗い物と一緒でも可

基本的には汚染の疑いのある場所、服などをしっかりと消毒することで二次感染を起こりにくくします。

ハイタ-が使用できないほど大きな生地が汚れた場合についてはノロウイルスは高温に弱いので、洗浄後アイロンがけをするという方法があります

雑巾で拭き掃除した場合にはハイタ-に漬ける以外に、鍋で煮るということでも除菌できます。

食中毒になった本人が気を付けること

正直余裕のないところですが、以下の点に注意が必要です。

・なるべく他の人との接触を避ける

・トイレや洗面所は衛生的に使用する

・下痢止めを飲まない

自分が感染源になるという認識を持って行動しましょう。

ちなみに下痢止めを飲んではいけない理由ですが、下痢はつらいものですが、ウイルスを体外に出す働きを持っています。

この時に下痢止めで体内にウイルスを閉じ込めると、それだけ苦しむ期間が長引くことになります。

課程に食中毒にはハイターが活躍 まとめ

ノロウイルスの食中毒で、重度になると脱水症状を起こすくらいに(色々)出てきます。

周囲の方は落ち着いて、①自分が感染しない ②周囲に感染が広がらないようにする

という点を踏まえて見えないウイルスがどこに飛んで行っていそうか、その消毒は十分かという点を意識して対応に当たっていただきたいと思います。