【夏場の冷房問題】クーラー病の原因は自立神経の乱れなど 対策はこれ!

スポンサーリンク

クーラー病とは

基本的には夏にクーラー(冷房)を入れて

冷えた室内から

外の暑い環境へ出る

という事を繰り返す事で起こす体調不良のことを表します。

これは人の自律神経が一定以上の急な温度変化(5℃と言われる)に対応できない

ことから、繰り返す事で、体温を下げる交感神経と体温を上げる副交感神経が

上手く働くことができなくなり、不調になります。

冬場の暖房も同じ条件になりますが、

衣服などで調整されているため、夏場と比較するとあまり症状が出ない傾向があります。

主な症状

頭痛・肩こり・腰痛・腹痛・冷え・むくみ・疲労感・食欲不振・不眠などなど

この症状だけを見ると

僕も「あれ、もしかして冷房病?」と思う程

オーソドックスな体調不良のオンパレードとなっています。

これは冷房病の症状というよりも

交感神経と副交感神経のバランスが乱れている状態によるものでもある為です。

自律神経(交感神経プラス副交感神経)のバランスを崩す

あるいは自律神経失調症という状態になります。

クーラー病は女性に多い

クーラー病は女性の方がなりやすいです。

これは

・オフィスで働く女性は男性より薄着傾向

・元々冷え性の人が多い

症状を見ても、女性には親しみ(?)のあるものが多いと思います。

対応策

・体を冷やし過ぎない

・エアコンの設定温度を下げ過ぎない

・冷たい部屋では体温を上げる工夫をする

・自律神経をあらかじめ整えておく

・夏場でもシャワーで済まさず、湯船に浸かる

・体を冷やす食品(飲み物)は摂取し過ぎない

エアコンの温度設定は、

大人数が同じ部屋にいる場合はなかなか勝手に変更できないものなので

羽織るものを用意したり、

靴下を寒い時だけ重ねて履けるようにオフィス用を用意したりと

自己防衛の方法を考えることの方が現実的だと思います。

クーラーに限らず

冷気は下に溜まるので、

足元を冷やさないように注意すると良いと思います。

自律神経については

規則正しい生活と言われる

食生活・睡眠・ストレスコントロールを

きちんと行う事で

あらかじめ整えておくことが大切です。

夏場でも湯船に浸かる理由としては

シャワーだと体の表面は温度が上がるので

本人は温まった気分になりますが、体の芯までは温まらないので

すぐに体が冷えてしまいます。

夏はシャワー後やお風呂後も暑いのでエアコンを入れがちなので、

こういった場面から少しでも体温を維持できるように取り組みたいところですし。

湯船に浸かると疲労も抜けるので、

夏は暑いからと避けがちですが、

冷えに悩んでいる方は湯船に浸かってみて下さい。

体を冷やす食品や飲み物を避けましょう

夏野菜は水分も多く、夏の体温調整を助けてくれるのですが、体が冷えている場合には、

更に体温を下げてしまいます。

飲み物に氷を入れて飲む事も体温を下げます。

プロスポーツ選手は国内外を問わず、胃腸を冷して働きを悪くしないために、

年中、常温の水を飲んでいる選手もいます。

体温調整もありますが、体調のそのものの維持にも効果的です。

体を温める飲み物は、手軽で効果的です。

紅茶やほうじ茶、ウーロン茶と言った茶色いお茶は体温を上げてくれるし、

ホットで飲んで味しいものなので、

常備しておくと便利に活躍してくれます。

お茶系はちょっと・・・という人は、

りんごジュースも体温を上げてくれます。

寒い地方の名産はやはり味だけでなく、

人に愛される理由があるということですね。

注意点はりんごは身体を温めてくれますが、基本的に果物は

体を冷やすものが多いので、りんご以外の果物は食べすぎに注意という感覚です。

あとはちょっとしたタイミングで立ち歩いて、

体が冷えて硬くなるのを防ぎつつ血行を良くするなども防止策としては

お手軽で効果的です。

まとめ

近年日本の夏も暑さを増すばかりで、

クーラーを使用せずに夏を過ごそうとすると

熱中症になってしまうし、

体温や室温のコントロールについては

不可欠なものになりつつあります。

自分の体温の状態がどうかな?

ということを数時間に1度思い出してもらって

体を気遣うタイミングとして設けて

無理なく夏を乗り切りましょう。