コーヒーフレッシュの正体は水と油?

スポンサーリンク

コーヒーフレッシュの正体

コーヒーの出るお店だと大半に置いてある
コーヒーフレッシュ
 地域によってはコーヒーミルクやポーションとも言いますが。
実は乳成分を一切使用していないことをご存じでしょうか?
 
内容は水と植物性脂肪です。
そのため、乳糖不耐症と言われる牛乳飲むとお腹が痛くなる人でも、
全く問題なく使う事ができます。

水と油が混じりあっているのはどうしてか

通常水と油は混ざり合いません。
シャカシャカ振ると一時は混ざったようになりますが、
時間が立てはまた分離してしまいます。
 
では、どうして混ざりあったままなのか?
これは乳化剤という添加物の働きによります。
 
乳化というのが上に書いたシャカシャカした後の
混ざりあった状態です。
これを維持する添加物が乳化剤です。
 
そうして混ざり合った物に香料や着色料で、
ミルクっぽくします。
 
コーヒーフレッシュは 
水と油と添加物で作られているという事です。
 

コーヒーがまろやかになるわけ

でもコーヒーフレッシュでコーヒー飲みやすくなるよ?
という意見もあると思います。
そのため僕も昔はコーヒーフレッシュは
乳成分が入っていると思っていました。
 
でも、これは簡単、バターコーヒーを作るようになって分かったのですが、
コーヒーにバター入れずに
MCTオイルやココナッツオイルを入れて
ブレンダ―にかけるだけでもコーヒーはまろやかになるのです!
でぃすいず、油の力。
そしてコーヒーフレッシュには乳化剤も入っていますから
それは良く混ざるのでしょう。
 

なぜ牛乳ではないのか 

では、どうしてコーヒーフレッシュがこんなに
流行っているのでしょうか?
・日持ちする
・冷蔵庫に入れなくても大丈夫
・何より安い!
 
そう、安いんです。
どうして飲食店で無料で取れるようになっているのか
という点の答えはこういうところにあります。
 
セルフサービスだと楽ちんだし。
賞味期限も長いから神経質に管理しなくても良いし。
 
ただ、消費者側からすると
なんとなくミルクを使っている気分でいたから騙された気がする。
添加物入ってる
っていう部分からも
牛乳が嫌でない限りは、
コーヒーフレッシュよりも
牛乳にして欲しいという気分になりますね。
 
良いお店に行くとちゃんとしたミルクが出るので、
指標のひとつにはなるかもしれません。
 
コーヒーフレッシュの他にも、無料でもらえるものや
すごく安い物については
・どうしてこんなに安いのか(あるいは無料なのか)という点について
少し考える時間を設けてから
手に取ってみる、という点に気を付けても良いのではないでしょうか?
 
ちなみに
植物性油脂を使用していないコーヒーフレッシュもあります。
やはり原材料のチェックは必須ですね。
お気に入りのメーカーを見つけましょう。
 
ちなみにパート2
僕は脱脂粉乳とか
生クリームでウインナーコーヒーとか、
そういった変化も付けながら使う食材を選んでいます。
何もコーヒーフレッシュだけが選択肢ではありませんからね。