着色料カラメル色素の体への害や影響など

スポンサーリンク
プリンのカラメル

カラメル色素について 体への害など

今回は着色料の中でも、割と頻繁に見かける

カラメル色素について書いていきます。

みんな(?)大好き赤いラベルの炭酸水などに使用されています。

カラメル色素とは

食品に褐色の色を付けたり、香りや苦みなどを与えます。

カラメル色素を含む食品は原材料表示として

「カラメル色素」または「着色料(カラメル)」という表記がされています。

主に添加されるものとして

飲料・醤油やソースなど・お菓子など

冷凍食品やインスタント食品にも使用され、お惣菜屋お弁当も種類によっては使用していることがあります。

非常に用途の広いのが特徴ですね。

カラメル色素の種類

カラメル色素は作り方でⅠ~Ⅳに分けられます。

カラメルⅠは昔ながらの糖類(砂糖など)を加熱(焦が)したカラメルですね。

カラメルⅡは糖類に亜硫酸を加えて作ります。

カラメルⅢは糖類にアンモニウム化合物を加えて作ったもの。

カラメルⅣは糖類に亜硫酸とアンモニウム化合物を加えて作ったものです。

カラメルⅠは糖類を加熱しただけのもので、確実に安全であり、単純に「カラメル」と表記される傾向があります。

「カラメル」のみの表記の場合は安全性が高いと判断して大丈夫そうです。

カラメル色素は安全か否か??

この中でカラメルⅠ以外は自然な製法ではない事から、安全性に疑問の声もあります。

とはいっても、着色料の安全性を説明してくれる専門家(どこまでを括るか微妙ですが)でも、どのカラメル色素が安全、または危険かについては意見が分かれているところです。

亜硫酸(もしくはアンモニウム化合物、ここでも意見が分かれている)さえ含まなければ大丈夫という人もいれば、カラメルⅠ以外は危険だという人もいます。

反面、厚生労働省ではカラメルⅢについて、動物実験(2年)の結果から、安全性が確認されていると発表しています。

WHOやFAOを始めとした国際的な機関ではカラメルⅠ~Ⅳのすべてについて安全であるという位置づけになっています。

ただし、国際的な機関でも一応アンモニウム化合物を使用したものについては若干の毒性を含むことから、1日の許容摂取量を設けています。

基本的には人が1日に摂取できる量では、危険性は無いというのが国際的な機関の判断と言えます。

1日コーラ1000缶以上飲まなければ、カラメル色素由来のガンにはならないとまで言っています。

自信あるのか、大手飲料メーカー達に気を使っているのか。

そんな議論をせずにみんなカラメルⅠにすれば良いのに・・・

と思うところですが、糖類を多く使用するほど、生産コストが高くなります。

水増しというか、他の安価な原料と組み合わせて生産コストを下げています。

高コストの方が安全は確保されると言ったところでしょうか。

カラメル色素の問題点は原材料表記にあり

カラメルⅠ~Ⅳのどれを使用しても原材料には「カラメル色素」としか記載しなくて良いことになっているので、基本的にどこのメーカーさんもカラメル色素としか書いていません。

つまるところ、「どの製法のカラメル色素を使用しているか」が分からない以上、食品添加物に対し、敏感な人からすれば、どれかを書いてくれないのであれば、「全部購入するわけにはいかない」となってしまいます。

では、カラメル色素を使用しない商品を選ぶにはどうしたら良いでしょうか?

基本的にカラメル色素を使用する商品はその商品を安価にするために使用することが多いです。

茶色が弱いカラメルソースだと美味しくなさそう、同じく醤油やソースも同じく。

他の材料を少なくするために、色や臭いだけでも良くしようとして利用されますから。

正直、すごく安いものに手を出さなければ、自然とカラメル色素の入っていないものになったりします。

カレールーや調味料は本当にその傾向が強いです。

カラメル色素を取り巻く時代の流れ

特に食品添加物について顕著ですが

安全かどうかについては自己責任で考えないといけない時代になってきました。

安全であるという情報と危険だという情報のどちらもが流れていて、なかなか決着がつかない。

僕個人はそれほど神経質なタイプでもないのですが、子供が食べる事を考えると長期的な面での安全性が分からないので慎重になります。

食品添加物はどれもそうですが、まだ使用されてから何百年が経ったわけでもないので、それら摂取し続けた人への本当の意味での影響は未知の部分も多くあります。

なので、自分で食べている者について大人は自己責任で良いですが、自己選択しない、あるいはできない子供についての責任は親が背負う部分があると思います。

そのため、個人でどの添加物に神経質になるかは異なりますが、僕個人としては、添加物の含まれていないものが無理なく手に入るのであればそちらをもちろん購入しますが、神経質になり過ぎて、食卓が味気なくなり過ぎるのも食育の面から問題があると考えて、ある程度許容する姿勢で生活しています。

とりあえず人工甘味料についてはステビア・エリスリトールは許すけど、他のものを摂取するのであればカロリーが高かろうと砂糖の方が良いというスタイルなのは少し独特かもしれませんが。

どんなに子供の食事に気を付けても学校給食では食品添加物を含んだ食事を食べる事になるので、神経質になり過ぎも精神衛生上良くないのかもしれません。