運動や食事でカロリー調整 塵も積もれば山となる

スポンサーリンク
カロリー調整は塵も積もれば

カロリー調整の基本 塵も積もれば山となる

運動によるカロリーの消費は案外低くて、ジムで走りながら増えない消費カロリーにびっくりした経験のある方もいるのではないでしょうか?

食事にしても、長く続け得られる範囲で考えるとあまり制限はしたくないものです。

では、ダイエットは無理かというともちろんそんなことは無い訳です。

今回はその辺りについて書いていきます。

ダイエットの基本はカロリー調整

基本となるのは次の2つです。

・摂取カロリー<消費カロリーにすることで体重は減少します。

・体脂肪1kgを減らすには7000㎉の消費が必要です。

そう考えると、摂取カロリーを少し減らして、消費カロリーを少し増やして・・・

として、消費カロリーの方が少し多いバランスにして、その貯金が-7000㎉になれば体脂肪が1kg減少することが分かります。

そんな具体的な計算はほとんどしないでしょうけど。

感覚として理解してもらえればまずは大丈夫です。

肝心なのは何となく体重が増えて、何となく減るわけではなくて、こういった算数(数学)的な確かなものがあって変動することを何となく分かってもらうことです。

こうなると、あとはどれだけの間隔で体脂肪を燃やしたいのかという部分との相談になります。

少しのカロリー調整でも塵も積もれば

摂取カロリーより消費カロリーを少しだけ多くします。

毎日1㎉(もはや誤差の範囲とも言えますが)だと、体脂肪を1kg落とすのに7000日、19年以上かかります・・・

では、ごはんを1日1食分だけ食べる量を半分にする

3食じゃないので、それほど困難ではないと思います。

この程度でも茶碗のサイズによるものの100㎉くらいは変わります。

そうすると70日で体脂肪1kg分相当のカロリーを減らせます。

こう考えると、少し楽しくなりませんか?

少しがんばって3食ともごはんだけ半分にしてみると

1日300㎉減らせます。

23日ちょっとで体脂肪1kgに当たる7000㎉分のカロリーを減らせます。

ついに1ヶ月を切りました!!

もちろん最初の時点でどの程度カロリーオーバーだったなど考慮していないので、あくまで「最初の状態から比べると体脂肪で何kg分違う」という基準での考え方になりますが。

体脂肪は緊急時のエネルギー源としてのいわゆる貯金です。(感覚的には借金ですが・・)

この貯金(あるいは借金)を無理なく少なくしていくという事ができれば、その小さな積み重ねがいずれ日の目を見る事があるでしょう。

できる範囲で少しずつ積み重ねるという事の大切さが分かります。

そして、「昨日食べ過ぎた!!」という場合には、ちょっと貯金が増えてしまいましたが、長期的にみて、辻褄が合えば良いので、本当は無理をする必要はなかったりします。

無理なく、少しずつ積み重ねて、健康な生活と体を手に入れましょう。