健康の迷信 人間は脳の○○%しか使っていないは嘘

スポンサーリンク
脳

僕は昔

人間は脳の10%くらいしか使っていなくて、他は使っていないから、人間はまだまだ未知の可能性を持っている

なんて話を耳にしていました。

ところが、この話、何かの勘違いらしくて、実際には人間は脳の殆どを使っているそうです。

今回はこの人間は脳をほとんど使用しているという話をしていきたいと思います。

なぜ健康の迷信が生まれたか

では、なぜ人間は脳の○○%しか使っていないという誤解が広まったのでしょうか?

迷信の生まれた理由 ①偉人の言葉の歪曲

これはかつての偉人達が

「人間の可能性はまだまだあるのに、それを生かし切っていない」

「きちんと頭を使って考えなさい」

こういった言葉を残しています。

本当は「もっとがんばれ」

くらいの感覚だったものが、人間は脳の・・・という認識になるのは昔の偉人が他の人たちに比べて雲の上の存在だったことが伺えます。

迷信の生まれた理由 ②脳の働きが分からなかった

実際に人間の脳は10%が情報伝達などに使用される神経細胞で、昔から働きが分かっていたのですが、残りの90%は少し前まで働きが科学的に証明できていなかったことがあります。

現在ではこの90%部分も情報伝達や記憶に関わる点など、働きが分かっています。
このため、脳の○○%というのは面積や部位の問題ではなく、きちんと性能を発揮する努力をしているか、その性能の何%を使っているのかというのが本質的な問題であったと思います。

頭をもっとフル回転させろ!という先人からのお叱り・・・

実際に10%しか使っていないことの証明

では、本当に人間は脳を全体的に使うことができているのか。

これは皮肉なことに病気が証明してくれます。

脳血管疾患・脳卒中・脳梗塞といった脳の疾患で脳の一部に障害が残るケースがあります。

本当に脳の10%程度しか使っていないのであれば、こういった後遺症が残るのは非常にまれなケースとなります。

元々使っていない部分に異変が残っても影響はないはずですから。

ところが実際に脳の血管系の症状で病院の運ばれると軽度のものまで含むと、何らかの後遺症が残るケースが非常に多いことが分かります。

こういった点からも、人間はすでにその脳をほぼ使用していると考えることが自然です。

健康についての迷信 まとめ

人間は脳を全体的に使用しています。

とはいっても可能性、伸びしろがないというわけではありません。

生きていくために脳は使っていますが、その性能をフルに発揮しているかというと、これは個人によって大きく異なるとしか言えません。

実際に僕は、ボーっとしてる時間もあるので、日々頭脳労働している人からすれば

「頭を使っていない」ということになるでしょう。

これは誤解を生んだ原点でもあると思います。

一生懸命に考えるという行為をしましょうという注意喚起の言葉と考えて、胸に刻んで生きていきたいものです。