5:2ダイエットは週に2日の我慢で痩せるダイエット 

スポンサーリンク
5:2ダイエット

5:2ダイエットというものをご存じでしょうか?

アメリカなどではそれなりの認知度のようですが、日本では耳にする機会は今のところありません。

今回はこの5:2ダイエットについて書いていきます。

5:2ダイエットとは?

一週間のうち5日は通常の食事を摂取し、2日はそこから600㎉少なくした食事を摂取するというものです。

男性であれば5日を2500㎉程度、2日は1900㎉に抑えた内容で食事をする。

女性であれば5日を2000㎉程度、2日は1600㎉に抑えた内容で食事をする。

これでエネルギーを抑え過ぎることなく、健康的なダイエットができるというものです。

このダイエットはある程度きちんと行えれば、成果が出ることが分かっていますが、様々な研究の中でも、途中で上手くいかなくなった人が出るという具合に、難しさもあります。

5:2ダイエットの難しい点

5日は通常通りに食べても良い、とはいっても、これはあくまで基準値の通常量です。

ほとんどの肥満に悩む方は、そもそもこの部分が守れないので太ってしまうわけです。

男性で肥満の方は病気などの理由がない限りは1日2500㎉以上を摂取しているはずです。

そうでなければ基礎代謝などあるので、そんなに簡単には太りません。

そう考えると、最初の5日の方のハードルがまずあって、それよりも厳しい2日があると考えると、難しい部分が出てくるのでしょう。

5:2ダイエットのメリット

上記の理由があるにしても、大きく我慢をするのは週に2日で良いという点では、他のダイエットよりは始めやすいという事はあると思います。

そしてこのダイエットでは、血中脂質を抑えることができるという研究発表があります。

血液検査をするたびに血中コレステロールや中性脂肪という項目にチェックの入る方は取り入れることで、改善することができる可能性があります。

残念なのは、どうしてそうなるのかという理由がまだ判明していない点です。

どうもインスリンの分泌量に変化が出ることが理由ではないかという流れですが、それはまた違う方向からの実験が行われないとわからない部分部分です。

5:2ダイエットについて まとめ

5:2ダイエットのメリットは、週に5日は人並みの食事を摂取することが可能、周囲2日も通常量からマイナス600㎉で良いことを考えると1食あたり200㎉減らせば良いので、そんなに難しい数字ではない点でもあります。

血中脂質が改善する、過剰な血中の脂質が減少することで、血液検査などで脂質が関連する項目について改善できる。

デメリットは、ある程度の制限があることから途中で挫折する人も出てくること、カロリー計算が面倒であることがあります。

デメリットについては、最近はスマホアプリで様々なカロリー計算ものが出てきているので、以前ほどの煩わしさはないと思います。

上手く活用して、健康的な生活を身につけるためのツールとしていきましょう。